スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

遠征シーバス探索 2月28日釣行記①「初心ワスルルベカラズ」

あなたの好きな有名アングラーは誰ですか?


そう聞かれたら私は迷わず


村越正海さんと答えます


言わずと知れたソルトルアー界の大御所です。

なぜ好きなのか。
釣りが上手い、数々の大物シーバスを釣り上げる、日本中のどんな場所でも釣果をあげる…
誰しも憧れる要素満点の敏腕アングラーです。
でもそれが理由ではありません。


どんなサイズのシーバスを釣っても満面の笑み


それが私が村越さんを好きな理由です。

"大物でなければ釣る価値は無い"と公言してはばからない敏腕アングラーも少なからずいます。
初心者へっぽこの私には耳が痛いお言葉。
でもそれはそれで否定するようなことではありませんよね。
釣り師なら誰でも大物を求める気持ちはあるのですから。
もちろん村越さんならばそれぐらいのことを言っても楽勝で許されます。

でも決して村越さんはそう言いません。

写真の村越さんはまるで少年の目をしていますよね。
どんなサイズの魚でも釣り上げることができれば無茶苦茶嬉しそうなんです。
きっと本当に釣りを愛していらっしゃるのでしょう。

とても深く。とても純粋に。

そしていつまでも初心を忘れない「上徳の人」なのでしょう。



報告が遅くなりましたがわたくし懲りずに遠征シーバス探索に行ってきました。
場所はどこか。
そうです。
前回大物を取り逃がした苦々しい記憶の残る呼子まで。

2月ラストの28日。
ここまで2月中のシーバス釣果はゼロ。
おしりに火がついとります。アチチ。





25日の日曜日は仕事でした。
よって2週間ぶっ続けで仕事…(悲)
釣りにもろくに行けず気が狂いそうだったので無理やり平日深夜に遠征を計画。
27日火曜日仕事後の深夜に呼子に行くことにしました。
次の日仕事なのにもかかわらず。

水曜日仕事休みのベックさんに声をかけ、また呼子に行くことに。
例の漁港です。
これまでの状況からして時合いはかなり短くしかも限定されている様子。
時間を絞って朝マズメ短時間勝負で攻めようということになりました。

火曜日仕事終わりは夜10時。
現地には午前4時入りしようと考えていたのでメシ食って数時間仮眠をとろうとウトウトしていると不意に携帯が鳴りました。

RAPさんからです

私が呼子入りすることを聞きつけて電話してくれたのでした。

…が

な、ナイスタイミングですRAPさん…

「おぬしら今から呼子入りするそうじゃな。」

「へへー師匠。」

「今日は猛烈に風が強いようだぞ。それでも逝くのか。」

「へへー師匠…」

「しょうのないヤツラじゃ。ではワシから釣れる呪文を授けようぞ。」

「へへーヒヒョウ…」

「○○して△△してみて□□の場所を攻めてみるが良い。よいか。わかったな。」

「…へエ…ヒ………」

夢うつつながらもありがたく釣れる呪文をRAPさんから頂戴しました。
しばらくウトウト仮眠していましたが急に気分が盛り上がってきて眠れなくなる。
ベックさんは先に現地入りすると言っていたはず。
車で寝てるかもしれないのでその時は起して、と頼まれておりました。
もしかしてベックさん寝ないで釣りしてるかも。
逝こう。
このまま私もすぐに逝ってしまおう。
「今から出ます」とベックさんにメールして出撃です。


そして午前3時に現地着。
外に出ると強烈な風がビュービューです。

あれ…

ベックさんの車が無い…


一瞬で不安と恐怖に包まれる。
タックル準備していつもの堤防に行ってみると

だ~れもいません(涙)

うおおおこれは勇み足をしでかしてしまったか!
常識的に考えるとこんな強風でわざわざ遠くに釣りに行こうなんていうお気楽な愚か者はいまい。
ベックさん今日はスルーしたのかも。
でもメールの返信があっても良いはずだが…
どうしましょう…
すぐ帰ろうか…
風がかなり強いんです。
立っているのがやっとですもの。

なり怖いんですけどー

イカレタ女子高生風に語尾を高らかに上げて叫んでみるが聞いてくれる人は誰もいない。
涙が強風で水玉になりながら飛ばされていく。
ああ…私はこのまま海の藻屑となりはてていくのか。
しばし荒々しく波立つ水面を呆然と眺めておりました。
すると

ジャボン!

おお!一応シーバスのボイル確認!
そんな音を聞いちゃあ黙っておれません。
早速ルアーの投入ですよ。

おりゃ~~

うひょー!!風が追い風だからメチャメチャ飛んでいくではないですか!
しかーしついでにラインもタルンタルンになりながら余分に出まくりです。
急いでベール戻して巻きますがラインスラッグ回収に時間かかり杉。(泣)
しかも…
風のせいでアタリなんて全くわかりそうも無いのれす。
数投して堤防からはそそくさと退散です。
堤防から脱出したちょうどそのときに携帯が鳴りました。

おお!ベックさんからだ!

「TSUYOSHIさん今何処ですか~♪」

「もう現地ですよ…ベックさんは?」


「家で爆睡かましとりました~♪」


まだ家かーい!(涙)
でもよかった忘れられてなくて…

「どーすか?風強いっしょ?」

「ええ…まあ…」

「投げれんことも無いって感じですか?」

「ええ…そんな感じです…きっと…」



この風は尋常ではありませぬ。

尋常ではありませぬが

寂しん坊のわたくし

釣りにならなさそうとは決して言わず


ベックさん道連れ作戦決行…


「じゃー今から行きまっす!」

ああ…ベックさん。
胸が痛みます。
胸が痛む自分が10%

そして

孤独からの脱出を喜ぶ自分が90%

そうとなればさあ釣りだ釣りだ(悪)
そういえばRAPさんの釣れる呪文にこんな言葉があった。

「風が強くば港奥の船だまりへ行け。それで汝らは救われる…」

船だまりの水揚げ場へ移動すると確かに風はかなり弱い。
お!先行者発見です。
話をお聞きするとどうやらここで既に1本上げられたそうです。
ヤル気みるみる上昇。
横に並ばせていただき釣り開始です。

私がやってくる1時間ほど前はベイトが足元まで寄っていてシーバスのチェイスも見えていたようです。
しかし今はベイトの影はなし。
沖に投げて引いてくるとベイトに当たる感覚があります。
でもそれはけっこう深いレンジ。
シーバスのボイルは見られず。
でもたまに逃げ惑うベイトのナブラが沸き起こります。
いるね。確実に。

しばらく投げ続けますが食ってくる気配なしです。
ただただ虚しく時間ばかりが過ぎていきます。

「バイトないですね…」

悲しい会話を永遠続けておりました。


しばらくしてついにベックさん登場。
まってました!
車を止めて準備しているベックさんの所へ小走りに向かいます。
これまでの状況を説明します。
するとベックさんは堤防を果敢に攻める心積もりのようです。
あ、そうだ。
RAPさんから電話があったことを伝えよう。

「あ、そうそう。RAPさんから電話あって釣れる呪文をいただきましたよ。」

「釣れる呪文?ダイジョ~ブ!

 そんな呪文も大殺界爆進中の俺が吹き飛ばすし!」


うわー…なんですかその変に自信満々な釣れないだろう宣言は…
確かにベックさんは最近地獄のホゲロードをロングラン中。


なんかいきなりあやしい雰囲気に包まれておりますです。はい。


*続くってことでスミマセン…


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/02(金)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<室見川寒中捜査 2月23日釣行記「春はまだか」 | ホーム | 遠征シーバス探索 2月28日釣行記②「うははは自己新」>>

コメント

こんにちは
忙しいんですねぇ~
そんな中でも釣りに行くとは相変わらずタフです
あっしは風邪引いて、ダウンですhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F997.gif" alt="" width="12" height="12">
弱ッhttp://blog80.fc2.com/image/icon/i/F999.gif" alt="" width="12" height="12">http://blog80.fc2.com/image/icon/i/F9A5.gif" alt="" width="12" height="12">
  1. 2007/03/03(土) |
  2. URL |
  3. FUNKYおやぢ #-
  4. [ 編集]

なかなか御主もやりおるのう・・・
そうゆう裏があったとは・・・
越後屋と命名するぞよ・・・・・
続きが気になるばい・・・・
  1. 2007/03/03(土) |
  2. URL |
  3. ベック #-
  4. [ 編集]

To:Funkyおやぢさん
はあ~本当にこの2週間は大変でした。
わたくし決してタフではありません。
釣り行ってからは体がボロボロでひた。
無理はできない年になってしまいましたよ~(泣)

To:ベックさん
見てしまいましたね…(爆)
裏でそんな作戦が繰り広げられていたとは夢にも思わなかったでしょう…
冒頭の村越正海さんに関する記述がどのようにこの釣行に関わってくるのか…
ご期待あれ…
  1. 2007/03/03(土) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyostyle.blog80.fc2.com/tb.php/62-56b31431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Since2006

CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。