スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

遠征シーバス探索 1月30~31日釣行記④「ドラマティックフィナーレ」

*前回の記事の続きです


それはないるれベックさん…

なかなかルアーに反応しない相手にまず私一人で挑めと言いなさるのですか?
それで奇跡的に私が釣ったりなんかして、シーバスが食ってくることがわかったらソッコウ自分がおいしいところをいただくという「エビで鯛…戦法」をもくろんでいなさるのですか?

鬼だ…あの人はきっと鬼なのだ…(被害妄想)

寒さと疲労でへろへろの老体を引きずりながら現場に立ちます。
水面観察です。
このあたりは港奥なので風の影響も少ない。
波も無く鏡張りのような水面です。
シーバスのボイルは何処に?
異様なほどの静けさですが…

ババババッ…

そのとき急に水面にナブラがたち始めました。
小魚が何かに追われて逃げている。
いる…ヤツラは間違いなく目の前にいる…

ボシュッ!

うおおおおボイルだだだだだ。
ベックさんの言うとおりだ!!
一気にテンションあがりまくって鼻息荒くなっていたそのとき。


バッシャーン!




な、な、なんすか今のは!?……



それはまるで"子どもが頭からの飛び込みに果敢に挑戦したはいいが痛々しく腹打ちした"ような音。
かなりの重量級の魚がいるようだ。(汗)

ふ、ふふふ、ふひゃひゃひゃひゃ…

興奮しすぎて変な笑いが出る。(肝)
あいつを釣りたい。ものすごく。

早速フローティングペンシルで表層付近から探ります。
ゴロゴロとベイトにあたる。
ちょっと引くだけですぐにルアーが泳がなくなる。
回収してみると6cmほどのベイトがフックにかかっています。
何度投げても表層付近ではベイトがかかりまくって釣りどころではない。

ベイト大杉です

きっと港奥に向かって吹き付ける風がこれほどの大量のベイトをこの場所に寄せているのでしょう。

しばらくしてベックさん登場。
2人並んでキャスト開始です。
ルアーを変えだんだん引くレンジを下げていくが反応なし。
どうやらベイトだらけでルアーには見向きもしないようだ。

こうなったらアピール重視です。
北九州で活躍してもらうはずだったデカルアーをここぞとばかりに投げる。

まったくもって無視…

デカレンジバイブで底引きはどうだ。

完璧に無視…

反応してくれるのは藻のみ…



そこのキミタチ


「いじめ問題」って知ってるか


無視も立派ないじめなんよ



ストップ・ザ・無視



ああ、らちあきません。
次第にボイルも無くなってきました。
心の寒さが体の寒さを増長させます。
徹夜なんてここんところしたことも無いので体のどこかがギシギシいい始めている…
限界(死)が近いようでございます。
車でしばらく暖をとらなくては。
ベックさんに一声かけて車に避難する。
エンジンかけておにぎりタイム。

お、ゴレンジャーもいよいよ帰宅ですか。
君達はいい、君達は。
そのクーラーボックスの中はお祭り騒ぎでしょう。
おお今や君達がいきいき輝いて見えるよ。
おめでとう。
ゴレンジャーからSMAPに昇格だ。

なんてアホなことに思いを馳せながら暖をとる。
睡魔がいやおう無しに老体を襲います。

そんなこんなで意識が朦朧とし始めていたとき…
私はとても不思議な光景を目にしたのです。


あれ?ベックさん。
車に何かしまっている…
ベックさんもとうとう車に避難か。
いや違うようだ。
そのまま何かに導かれるように堤防のほうへふらふら歩いてゆくぞ…


そうです。


私はそのときまさに目の当たりにしたのです。



噂に聞く「ベックシックスセンス」ってやつを



シーバスあきらめて別の魚に切り替えたのかなと思い、体があったまったのでバスロッドをもってベックさんの後を追う。
堤防の先端で発見。
ベックさんはシーバスタックルを使用中。
ルアーを引きながらこちらを振り向いてこう発言。


「今バイトが2回あった。こっちだTSUYOSHIさん。」


ええっ!マジですか!
慌てて車にシーバスタックルを取りに戻る。
そして急いで堤防に向かいながら私は確信しておりました。
きっとベックシックスセンス("野生のカン"ともいう)が彼を魚の居場所にいざなったに違いないと。

堤防先端に着いてベックさんの横に並びます。
ここはベックさんに習えでローリングベイト77をつける。
するとベックさんからこう指示がある。

「あのあたりめがけて遠投してください。5カウントして超スローで引くとアタリが出ますよ。」

言われた通りしてみる。
すると…

コン

凄い…ホントだ。
明確なバイトだ。
なんたる的確な指示!
異様なほど気が高ぶりながら投げては巻く。
しかし何度かアタリがあるがどれも超ショートバイト。
なかなかのってきません。
カラーチェンジを試みます。
ここはマッチ・ザ・ベイト。
同じローリングベイト77で、イワシレッドベリーを選択。

遠投して5カウント沈める。
超デッドスローで引いてくる。
これはもうルアーなんて泳いでないぐらいの遅さです。
もはやプラスティックのゴミと化してるはずだ。
「え?はい。ただのゴミです」メソッドと名づけよう。
なんてどうでもいいことを考えていると

が り っ

なんだそれ。
なんかもう、そっとかじってるようなアタリ。
早合わせは禁物だ。
ロッドに重みが伝わるまで我慢だ。
するとすぐに…





重みを感じた瞬間、反射的に合わせる。


ぐぐぐぐぐん!


っしゃーっ!のったー!!!


何とヒット!ヒット!!!
もう冷静になんてなってられずがんがん巻いて寄せる。
それほどビッグサイズではなさそうだが結構引きます。
これだ!この引きだ!シーバスの引き!
もうたまりません。
順調に寄せてベックさんにタモ入れしてもらいゲット!

やりましたああああ!

興奮状態でベックさんとがっちり握手。
ああベックさん。
まるで自分のことのように喜んでくださる。
そのおかげでもう嬉しさ1000倍です!

「TSUYOSHIさん。ほら。写真とらんと。」

おおそうだそうだ。
あ、デジカメ車の中だ。
軽快な足取りで車に取りに走る。
こんなに軽々と走ったのは何年ぶりだろか。

で写真撮影。
上がったのはこいつです。

013149cm.jpg


49cmですが私にとっては十分な大きさのシーバス。
嬉しい一匹。
貴重な一匹。
この漁港での初挑戦で初ゲットの1匹。
思い出深い魚になりそうです。

ついでにベックさんにブツモチ写真を撮ってもらう。

0131butumoti.jpg


知っている人が見たら卒倒するほど丸顔になっているので顔はカット。(涙)

いやあベックさん。
本当にありがとう。
あなたがいなければこの魚は獲れませんでした。
ベックガイド最高です。
ローリングベイトの使い方にひとつ引き出しが増えました。

ベックさんのストリンガーを1フック借りて獲物をつなぐ。
さあ2本目です。
魂に火がついた2人はひたすら投げる。

しかしそれ以降、アタリは何度かあるものの魚は1匹ものってこず。
次第に潮位も上がりベイトの姿もなくなり始め空も薄明かりに包まれ始めます。
時合いは終わったのか…


ドラマはすでに終焉したかに見えました


バイトがなくなったのでややモチベーションダウン。
ベックさんをチラ見しながら勉強モードに切り替える。
ふむふむ。
とにかくキャスティングに惚れ惚れしてしまうのれす。
トップガイドからリーダー部分を長めにたらしてテンピンのようにルアーを漂わせる。
次の瞬間全身をしならせてビュンと竿を軽やかに振る。
するとラインがまるで生き物のようにまっすぐ伸びていく。
かなりの飛距離が出ている模様です。

うーんカッコイイ

堤防を1段上がり、おもむろに外海に体を向ける。
広がる海に思いっきり投げてみよう。
ベックさんをマネてガイドからリーダーをたらして構える。
全身をしならせて竿を一気に振る。

ビュン!

ガッ!!ぐるんぐるん!!!

げ!
うひゃーこりゃしまったーっ!
堤防の上を走っている電線にラインとルアーが巻きついてしもーたー(涙)

それはもう「電線のそばで凧上げすると危険ですよ」ポスターによくある絵づらそのもの。
マネして糸を長めに出した分電線にあたってしまったざんす。(アホ)

ベックさんがこっちを見る…

ここでせせら笑って軽く突っ込みを入れてくれれば私の愚行もボケとして生きてくるところであったが


ベックさんノーコメント…


しかも超真顔…


"あのひとはいったいなにをしておるのだ"って表情を一瞬して、すぐに自分の釣りに集中してます。

ベックさん。
スルーされると辛杉です。
恥ずかしい。死にそうなくらい恥ずかしい。

このまま壱岐まで泳いでいってしまいたい

おずおずと糸を緩めてルアーを外し電線からラインを外します。
その場にはいたたまれません。

「ベックさん。あの船だまりのところまた攻めてみます。」

そう言い放ち、顔を赤らめながらまるで乙女のように小走りで堤防をあとにしました。(悲)

行ってみると船だまりもすでに終わっています。
ベイトの影すらありません。
数投試してみて完全にあきらめる。


ここでとんでもないドラマが起こったのです


堤防に戻ろうとしているそのとき電話が鳴りました。
ベックさんからだ。

「…きた…やっときた…」

「え!ホントですか!もうあげました?」

「…まだ…」

「わかりました。すぐそっち行きます。デカそうですか。」


「…で、デカい…」


うおおおこうしちゃおれん!
ダッシュで堤防先端に向かう。

到着するとベックさん今まさに格闘中。
バットぶち曲がり状態に私はかなりビビッてしまう。
すぐにタモを用意してランディングに備えます。
しかしヤツはグイグイ走る走る。
港の内側でかけたのにすでに外海側に持っていかれている。

「なんだコイツは。ぜんぜん浮いてこん。おかしい。」

リールを巻けどもその倍返しで糸を出されてしまう恐ろしい状態。
完全にタックル負けしている感じだ。

「コイツもしかしたらシーバスじゃないかもしれん…」

水中でヘッドシェイクはしているようですがまったく浮いてこないのです。
シーバスだったらエラ洗いぐらいするだろうに…
いったいその謎の魚はなんなのでしょう。
もしかしたら鯛かもしれないとのこと。
でもたとえ鯛だったしてもかなりの大物のようだ。
とにかく姿を拝みたい。
しかしもう耐えるのが精一杯って感じで長丁場になりそうです。

「気長にいきましょう。」

ベックさんにそう声をかけて戦況をじっと見守っていました。

「…ん?」

しばらくすると急に竿が動かなくなります。
緊張の中で異様な静けさが辺りを包みました。

「やば!根に潜られたかもしれん」

ロッドをひゅんひゅんあおりますが根がかり状態。
そこでもベックさんは冷静にベールを起こして糸をフリーにして対応する。
魚を自由にして根から出す作戦です。
するとまた魚が走り出します!

が…

次の瞬間痛恨のフックアウト!

「がーっ!しまった!」





なんということでしょう。
結局その謎の怪魚は我々の前には姿を見せず、やりたいようにやって海に消えていったのです。
回収したルアーを呆然と見つめるベックさん。
最初から最後まで固まったまま動けない私。
いつの間にやら風も収まり、穏やかな海が我々2人をあざ笑っているようでした。



「海の生き物をナメるなよ」


何処からともなく野太い声がきこえたような気がした。


力也だ…


私は海の上にホタテの着ぐるみを着た安岡力也がこちらをむいて仁王立ちしている幻覚を見ていたのでした。

そうです。
ナメてはいけません。
海には我々人間の想像を遥かに超えた強敵が存在するのです。
自然に対して人間がいかに卑小な存在なのか。
改めて思い知らされたような気がしました。

しかし

だからこそ

だからこそ釣り師は

夢とロマンを追い求めて何度も海と対峙するのであります


腕がなるでしょう。ベックさん。
楽しい釣りでしたね。

また一緒に行きましょう!!



1/31 中潮
満潮 9:30(158.5cm),20:56(185.8cm) 
干潮 3:00(24.3cm),14:52(83.8cm)
*()内は福岡船だまりの潮位

<使用ルアー>
いろいろ使いすぎてわけわかりません…
ヒットルアーのみ表記します。

ローリングベイト77 イワシレッドベリー *49cm


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/08(木)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<遠征シーバス探索 1月30~31日釣行記③「とある漁港」 | ホーム | 遠征シーバス探索 2月11日釣行記「No more 無視」>>

コメント

それは1月に釣った魚ですよね!?そぉですよね!?ってかそぉって言ってください(>△<)
1月で3匹ですね・・・負けました。。。
悔しー(><)でももぉ負けません。

  1. 2007/02/08(木) |
  2. URL |
  3. もん #-
  4. [ 編集]

いやいや・・3話に続いたストーリー
完結しましたね。
相変わらす笑わせてもらいましたよ。
土曜の夜は出れそうですので時間
作ってくださいね~・・・
  1. 2007/02/08(木) |
  2. URL |
  3. ベック #-
  4. [ 編集]

くっ・・・最後は根魚でボウズ回避!という展開と読んでましたが
見事に釣り上げられましたか・・・
こうなったらもう祝福するしかありますまい。
お美事!お美事です!
この厳しい時期に、チャレンジし続けた成果でありましょう。

駄菓子菓子!(混乱)
・・・今月は自分も腰を据えてシーバス狙うですよ。
もっと大物を釣って、今の自分の気持ちをTSUYOSHIさんに
味わってもらいますよ。
  1. 2007/02/08(木) |
  2. URL |
  3. 影鰐 #-
  4. [ 編集]

To:もんくん
そうです。
1月の釣果です。
2月はまだ釣りに出かけてません。
って…
ぐわっ!2月は先行されてしまったのか!
これは急いで挽回せねば!

To:ベックさん
さっそく時間つくりましたよ…
ボク逝っちゃう…
どこへでも…(爆)
詳細はメールします!

To:影鰐さん
1月勝利御馳走様です…
影鰐さんの「今の自分の気持ち」って、どんな気持ちなのですか?
もしかして…
負けたくなかった?
悔しい?
夜も眠れない?
ちゃんとはっきり言って!(笑)
2月も勝負ですよ!スノボ禁止!
  1. 2007/02/09(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

ケッケッケΨ(`Ⅲ´)Ψ
  1. 2007/02/09(金) |
  2. URL |
  3. もん #-
  4. [ 編集]

To:もんくん
むむむむ…
本日夜に2月初釣行予定です。
先行されたままではつらいので逆転狙いますよ。
  1. 2007/02/10(土) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

TSUYOSHI さん
やりましたねぇ
ベックさん
の謎の魚も気になりますねぇ
昨日の夜行ったのかなぁ
  1. 2007/02/11(日) |
  2. URL |
  3. FUNKYおやぢ #-
  4. [ 編集]

こんにちは

ご訪問ありがとうございます。
ついうっかり、ウイルスでトラぶってしまいましたが、PCも無事に復活しました。
いろいろご心配頂ましだ、月曜日からまた更新することができます。
ありがとうございました。

ところで魚はぜんぜんわかりませんが、元・太公望の主人に聞いたら、「これはでかいよ。なかなか釣れないって。大体家でこんなに大きな魚を食べたことないでしょう」と言っておりました。
なるほど、こんなに大きな魚は無縁ですね。立派です。でも、私としては食べたい気持ちが先ですね。

感謝のぽちち♪
  1. 2007/02/11(日) |
  2. URL |
  3. 猫まんま #XPf/GE5Q
  4. [ 編集]

こんばんみ~!

う~ん、なるほど!!大作3部作。無事終了しましたね。ホントお疲れさまでした。
それにしても、睡魔に耐えつつ釣果1匹ですか?自分だったら、とても納得いきません。結果重視&短気なので、一匹しか釣れなかったら、もう泣くでちゅ!
  1. 2007/02/11(日) |
  2. URL |
  3. superwildsoul #-
  4. [ 編集]

To:Funkyおやぢさん
当ブログについて、思わず嬉しくなって小躍りしてしまう素敵な紹介記事書いていただいちゃって本当に感謝感激です。
しかし短時間の動画ジェネレーターをいかに数語の言葉で味付けするかはまさに玄人作業。
笑いセンスA級のFunkyおやぢさんに敬服です!

To:猫まんまさん
コメントありがとうございます。
水がきれいな場所の魚なので食べるとおいしいですよ。
今回は逃がしましたが。
だいたい釣り師というもの、妻への口実は食材調達です。(笑)

To:superwildsoulさん
>睡魔に耐えつつ釣果1匹ですか
>ですかですかですか…(エコー)
ぐっ…
い、痛いところをつかれてしまった!(涙)
でもこの時期1匹も釣れないこともざら。
貴重な1匹でした。(言い訳。てへ)
なかなか釣れないから面白かったりもするんですよ~。

  1. 2007/02/12(月) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

んん~~ドラマチックや~~

はじめまして。バーブレスです。
波乗りしていてこちらにたどり着きました。

あのデカいの、何やったんやろ~っての、大スキ!
また遊びにきますわ。
  1. 2007/02/13(火) |
  2. URL |
  3. バーブレス #-
  4. [ 編集]

To:バーブレスさん
コメントありがとうございます。
新記事アップした後にここにいただいたコメントだったので危うく見逃すところでした…(汗)
またぜひ遊びに来てください!
  1. 2007/02/14(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyostyle.blog80.fc2.com/tb.php/57-b05e0512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。