スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

70upシーバスを求めて 第2回 11月5日釣行記②「悲しい試練」

娘誕生のイベントでしばらく釣りネタから離れておりましたがこれはあくまでも釣りブログ。
11/5釣行記も完結せぬままでした。
 →復習 70upシーバスを求めて第2回11月5日釣行記①「暗示」 

それでは「暗示」された「悲しい試練」とは何か…
どうぞ一緒に泣いてやってください。



ラインシステムを組みなおし、ルアーはマナティーをつけまたしゃくる。
30分ぐらいしゃくり続けるも何の反応もなし。

「なーんにもない!」

また甲高い声が頭の中にこだまする。
どうやら今日は脳にパラダイス桂小枝が住み着いているようだ。

クルーズバイブにローテしてダートさせフォール。
これもたまにフォール中にククッともっていかれるがフッキングせず。
反応しているのはどうも小ぶりのやつら。
周りはポツポツとセイゴサイズがあがっているようだ。

開始2時間、あれこれやったが釣れない。
うーん荒れている「内側」を探ってみるか。
こちら側はかなり遠投して底を探るのが鉄則。
しかし沖防からすると強い向かい風でしかも波立っている。
潮の動きも速い。
となると選択ルアーは…

ルアーボックスを探っていると、つぶらな瞳で私をじっと見てくるやつがいる。
"湾ベイト限定あわび29g"
あ~こいつはかなり前に買った。
が、なぜか今まで1度も使わず。
じっと出番を待っていたんですね。けなげ。
(私が使うのを忘れてただけ)
つまんでみるとこれまた非常に重い。
こいつならこの荒れた状況でも十分飛ぶし速く潜るだろう。

一投目。
遠投し、底をとったらゆっくり引いてくる。
かなり引き重りが大きい。
と…

くんくんくん…

おっバイト!
軽くあわせてみると

ヒット!!


え?あんまり重くない。
湾ベイト自体の引き重りとあまりかわらない。
でもくんくんしているので何かかかっている。
この引きはもしかしてカマス!?それも底で!?!?

上がってきたのは、ま~それはそれはそれは小さいシーバスちゃん。
かーっこんなのが食ってくるのんね。
どーすんの?一応写真撮っとく?
おそるおそるそーっとメジャーをあててみると……

24cm.png


「にぢゅ~よ~んせ~んち~って!!フナですやん!」

パラダイス桂小枝め。やかましい。
そうですよ。フナサイズですよ。さらに引きはフナ以下。(涙)
もしかしたらこいつ単体の引きよりも、湾ベイト単体のほうが重いかもしんまい。

しかしながら、もしかしてブログ開設して以来初めての獲物じゃないか?
それがこれか?
くーっなんか悲しくなってくる。

それから「内側」も攻めたおして、また釣れないモードに。
なんとなく「ソロバン」方面に少し足をのばしてみる。
投げる方面は「外側」。
エサ釣り師が浮きまわりに撒餌をまいている。
それを猛烈に食う小魚のナブラ。
お!イワシもかなり回遊中!
この下にはきっとやつらがいるはず。

レンジバイブに変えてエサ釣りの迷惑にならない程度の近い位置にキャスト。
すぐバイト!
これはいい感じ。

と、そこへ重装備ルアーマンが登場。
この人はやりそうだわ。
挨拶を交わして雑談しながら、私と並んで釣り始める。
かなりエサ釣り師そばを攻めている。

「お!きた!」

私じゃないです。
なんとそのルアーマンにすぐにヒット!
足元から抜き上げるには少し距離があるのでマイ礒だもでサポート&捕獲。
40cm弱でありながら太ったグッドコンディションシーバス。
やはりいるいる。
俄然張り切ってキャストすると…

「よしヒット!」

私じゃないんです。
またもお隣ルアーマンにヒット!
慌てて自分の竿を投げ出してマイ礒だもでサポート。
今度は50cmぐらいありそうなシーバス。
これは群れが入ってきているに違いない!
興奮してきた!

「よしきたヒーット!!」

何度もすいません。私じゃないのれす。
何とお隣ルアーマンはほぼ入れ食い状態。
それをご丁寧に毎回礒だもですくっているお人よしな私。
私はまるで、釣りまくる三平くんを暖かくサポートする鮎川魚紳のよう。

"あ゛~ちゃんと釣りしてぇ~"

まともに自分の釣りもできず笑顔で人の魚をすくいまくる試練のひととき。
目にはおそらく涙が溢れていたでしょう。
「人の魚」という題名の悲しい歌詞が作れそうな気分でした。
完成したら誰か演歌調の曲をつけてください。

やがて短いジアイの終了…
結局お隣様は私の目の前で40~50cmのシーバスを5匹釣りあげました。
私には何も釣れず。
10時頃からおよそ30分間の出来事でした。

その後は何度もパラダイス桂小枝の甲高いつっこみにあいながらルアーを投げ続け、そのまま終了。
釣果はあの24cm一匹のみ。(泣)

恥ずかしい。ほんとに恥ずかしい。

もう70upなんて言葉を口にするのやめたほうがよさそうな気がしてきた…(号泣)

しかしそのお隣のルアーマンはかなりの腕前でした。
メソッドはレンジバイブ(70ESMTカタクチ)を着底させてスローリーリングとリフトアップ。
たまにストップアンド郷!
私も同じようにレンジバイブで試したのですがさっぱり。
まるで水中の様子が見えているかのように魚に追わせて食わす。
わずかなバイトも確実にものにする。
そんな玄人チックなロッドさばきでした。

完敗です。
経験の差とタックルの差。
これらの差を克服するには釣りに通いまくることそれと…
地道に働いて高価なロッドを買うことですかね。


11/5 大潮
満潮 9:21(201.0cm),21:20(213.8cm) 
干潮 3:02(0.9cm),15:15(43.1cm)
*()内は福岡船だまりの潮位

<使用ルアー>
マーズ ドリフトシャッドカタクチイワシ *バイトあり
マナティー ピンクバック
マナティー カタクチイワシ
X-RAP 
レンジバイブ70ES 九州限定カラーピンク *バイトあり
レンジバイブ90ES MTカタクチイワシ
CRV70 HGピンク *バイトあり
CODE フィン L-マイワシ
CODE フィン L-カタクチ *バイトあり
湾ベイト 限定あわび29g *ヒット

*マウスオーバーで赤字になるルアーは紹介ページがあります。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/10(金)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生まれました!!! | ホーム | ビデオカメラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyostyle.blog80.fc2.com/tb.php/24-4260d27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。