スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

感覚麻痺…

あれはいつのことだったでしょうか…


遠い記憶を辿りながらかるーく更新してみます(笑)





あれは確か9月30日。
久々にベックさんと釣りに出たのであります。
釣りプランはほぼベックさんまかせ。
コモさんから、とある磯でヒラス(ヒラマサ)がデカトップルアーにアタックしてくるという信じられない情報を得たので行ってみることになったのです。


その前に朝マズメの好時合いを某サーフ探索することになりました。
私は初めて釣りする場所なのです。
結構切れ藻やゴミが浮遊しています。
釣りしやすい場所を探しながらカニ歩きでルアーを打ち込んでいくと、開始すぐにベックさんに何かヒット。
なんとサゴシ(サワラの子)でした。
ソバットをガッツリ食ってました。


私も早速ジグをつけます。
Megabass METAL-X BUBBLE HEADER。
安くて青物の小物を釣るにはよさげなルアー。
メタルジグなのでぶっ飛びです。




結構手前でガジガジしてくるし~(;´∀`)




飛距離の意味まったくなし(笑)
手前10m以内でバイトしてきます。





波打ち際には数センチのカタクチイワシが打ち上げられています。
サゴシに追われているのです。
良く観察すると手前の水面にイワシのもやもや。
チョイ投げしてみるとバイトラッシュ。
40cm前後~50cm弱までのサイズが入れ食い状態。





うははははははは~





釣れまくりです。
楽しすぎます。
イワシが居なくなるとバイトがなくなります。
でもちょいと移動して探すとまた入れ食い。
何匹釣ったかわからなくなり、十分満足したのでシバス狙いに変更してやや遠投。
早巻きして表層を泡立てながら泳がせていると




バシャ!




でた~!
おおおおおおお…これは…
サゴシじゃないことは明らか…
おおお!?グイングイン首振ってます。
鈍い感じの引き。
これはシバスに違いない!





















メーター超えのくちばし野郎でした…ガ━(;゚Д゚)━ン!!




そんなこんなでサゴシ釣りを楽しんでサーフを後にしました。

















雨の降るなか野を駆け山を越え某磯に到着しました。
うわロケーションバッチリで雰囲気ムンムンの釣り場です。
外海は美しいですね。
さあ、準備を急ぎます。
ロッドはちょっと前に買ったヒラ用11フィート。
ちょっとした青物には十分使えます。
リールはツインパ3000ではやや心細いので前日に思い切って5000番のハイギアを購入。
うふふふふ。
あ、そーいえば私は右投げ右巻き。
左ハンドルのままなので付け替えなくては。



…あら?



どーやっても右につきません…ガ━(;゚Д゚)━ン!!



ベックさんによると、どーやら右にするには付属の部品が必要らしいのです。
その部品はおうちに大事にしまってあります。



どーしたらいいのでしょう…



ばかですね。
どうしようもありません。
こーなったら左巻きを練習してみるです。
そのうち慣れてくるでしょう。
わたしはどちらかといえば器用な人間。
きっと楽勝です。

















いつまでたってもオンナ巻き…ガ━(;゚Д゚)━ン!!









もうぎこちないったらありゃしません。
自分で自分にいらいらしてきます。
もうこーなったら別の方法を考えなくては(´ε`;)ウーン…



ああああ!(゚∀゚)



いきなりひらめきましたよ!
ロッドをぐるりと回してリールを上に持ってくる。
するとどうでしょうあら不思議。
ハンドルが右にくるぢゃあーりませんか。
いつもとは巻き方向が逆ですがこれなら右手で巻けますよ!





リールが不安定で余計ぎこちないし…ガ━(;゚Д゚)━ン!!





そ、それならば!
普通にリールを下にしてロッドを左手で持つ。
右手を無理矢理ロッドの下から左側に回す。
お、何とかハンドルに届きます。
しかも結構スムーズに右手で巻くことができますよ。
これはいけるかも。





体制無理すぎて右肩がはずれかけますた…ガガ━(;゚Д゚)━ン!!





うーん、どうしようもない。
しょうがないから左手で巻こう。
ん?
おお?
いや、まだです!
まだ方法はありますよ!


左手はハンドルノブを握り締めて固定。
左手はそのまま動かさず。
右手のほうをロッドごといつもの方向にぐるぐる回す。
こりゃたまげた驚いた。
なんとかスムーズに巻けるぢゃあーりませんか。
ちょっと重いけどそこは我慢のしどころ。





ワンキャスト目ですでに右手全体がツリますた…(涙)













ダメダメな私がそんなふうに一人でひたすら空回りしていると、なにやらベックさんが叫んでます。



「出た!ほんとに出た―――!」



慌てて駆け寄ると、硬いロッドがいい感じに曲がっているではありませんか!
興奮マックス状態のベックさんはひたすらゴリ巻き。
魚に主導権を与えません。
おおおおおおおおおおおおおおお!
魚が見えてきました。
美しいブルーの魚体が右へ左へと走りまくってます。
一気に寄せてずり上げて捕獲成功。









いきなりヒラゴ(小振りのヒラマサ)~!




ヒラゴと言っても私には十分大きく見えます。
これが魚屋に並んでたら腰抜かしますよ。
しかも引きは相当強いようです。
さすが海のスプリンターヒラマサ。
それをすぐ釣ってしまうベックさんにも感動です。
ミラクルベック降臨です。
メイクドラマです。
劇的アンビリーバボーです。
なんだか魚のヒレと帽子がカラーマッチしてます(笑)



ああ…こんなんがいるんだ…



体中になにか熱いものが巡りまくってきました。
気合を入れてキャスト。
リーリングは相変わらずオンナ巻き(笑)
すると私のルアーにもドバット出ました!
しかしこれは残念ながらミスバイト。
興奮で体が震えると同時に悔しさもこみ上げてきました。



でもかかっていたら…



なよなよのオンナ巻き状態のわたくし。
おそらく釣り上げることもできなかったにちがいありません。
悔しいようなホッとしたような複雑な気分に包まれました。
ほんとうにかかったらどうしましょう。
いろいろ頭で作戦を練りながら次のバイトをドキドキで待ち続けました。











余計な心配でした…ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!








結局私はその後ノーバイトでタイムアップ。
ベックさんには超デカサイズが食ってきましたが数秒で根ずれアウト。
トップルアーのコマを完璧失ってジエンドとなった模様です。


ヒラス釣れませんでした。
でもこの経験を境に、私の体は鹿児島スイッチならぬ、「磯青物スイッチ」がカチャリとONになったみたいです。
絶対に次はとってやる。
熱くリベンジを誓って釣り場を後にしたのであります。










これまたいつのことか忘れましたがおそらくその翌週の土曜日。
今度は単独でヒラス狙いに出かけてみました。
どうやらルアーサイズはでかいに越したことがないようなので、でかめのペンシルとポッパーを準備。
しかもリールは右ハンドル(笑)
完璧です。
非の打ち所がありません。
一人でじっくりヒラスと対決してやります。






釣り場、人多いし…ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!






入りたかった場所はすでにキープされてました。
しょうがないので潮がすぐ目の前を通る場所にエントリー。







キレイにホゲ散らかしました…ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!






なんにも出てくれませんでした。
ジグもしゃくってみましたがコツリともきませんでした。
きっと魚が居なかったに違いありませんね…






いえ、魚は居ましたけどね…






横のエサ釣りオサーンは60を超えるヤズ(もうブリ)を釣ってましたし。
後から来たジギングオサーンはでかいのかけて根に潜られてましたし。
なんで私にはこないんでしょう。
甘くないってことなんですね。









その1週間後の平日。
仕事が早上がりだったので明るいうちに釣りに行くことにしました。
もう気持ちは磯。
磯、磯、磯。
あと太陽は2時間ぐらいしか浮かんでないので遠征は無理。
糸島調査にさっそく出向きました。





強風、大波にもまれまくって何もなく終了しますた…(涙)





簡単にはいきませんがもうちょっとなんか収穫あってもよさそうなのに。
さすがに心が折れかけてきました。
何か釣って癒されたい。
もう次は湾内シバスでもいい。
そうだ、釣って釣って釣りまくってやろう。



このとき自分の感覚が麻痺していることに全く気付いてませんでした。
スケールの大きい釣りをしていたので何もかも基準がでかくなっていたのです。
ルアーなんかでかいのがあたりまえ。
モンスーンブレーカーがワンダー80に見えるほど。
裂波がサスケ95Fに見えるほどだったのです。








10月21日。
仕事が早めに終わったので夕方から湾内東に行くことにしました。
準備していると



リールちっさっ!



竿みじかっ!



ルアー可愛過ぎっ!



もう何もかもがちゃちく見えてしまうのでした。
こんなタックル、こんなルアーでは釣れる魚は小さくて当然。
ああ、だから今まで自分にはランカーが釣れなかったんだ。
なーんだそうだったんだ。


壊れかけた自分に気付かないままオーバースペックのタックルを準備し始めていました。
竿はヒラ用11F。
ルアーはいつものものに加えてポップクイーン130やスプラッシュヘッド、タイドミノー170。
デカルアーをひたすら投げまくってみようと思ったのであります。


潮位的に、水道辺りへ入ることにしました。
入水すると浅瀬に大量のベイトがストックされています。
腰ぐらいの水深にはトウゴロウやイナもたまっているみたいです。
これは釣れるでしょう。
でもこれらを食いにくるサイズはターゲットではありません。
デカボラやデカコノシロを食うような口でかランカーにアピールするのです。


浅瀬にはでかい魚の気配はありません。
ならばやや沖の駆け上がりに潜んでいる良型を狙います。
ポップクイーン130を大遠投。
ヒラマサを狙うかのようなスローポッピング&ダイブ。
移動しながらひたすらデカルアーを投げ続けました。















100投ぐらいして正気に戻りました…



ちょっとこの場所ではでかすぎたみたいです。
とりあえず釣らなければ。
今日の目的は釣って癒されることなのです。


いつものソバット&ローリングベイトで浅瀬のベイトを狙っている魚を探します。
あれれ?
攻めれど攻めれど反応なし。
移動しまくっても一向に魚は食ってきません。


うわ~やばい。
今日はここじゃないのかな。
違う場所に移動しようか。
でも潮位的によさげなところも思い浮かばんし…
これだけベイトが居れば絶対魚もいるはず。
しかし、ベイトはいたって静か。
シバスはどこに?
やや沖の駆け上がりでタイミングをまってるんでしょうか?


勝手な妄想に火がついて結構立ち込める馬の背づたいにずかずか入水。
ソバットを遠投して沈め気味にゆらゆら流すといきなりヒット!
セイゴサイズでしたが居ることがわかってホッとしました。
しかしロッドが硬いわ長いわでうまくランディングできません。
あたふたしている間にばれてしまいました。


気を取り直してキャスト。
ソバットを今度は軽くトゥイッチしながら泳がせているとまたヒット!
これはまあまあよさげサイズです。
しかしまた取り込めない。
結局ラインを手で掴もうとしてラインが緩んだ瞬間にばれてしまいました。


憤慨しながらキャストしてスローに引いているとまたまたヒット!
魚が溜まってるみたいです。
しかしまたランディング失敗…
しかも流れが変わり、潮目がなくなったと同時にバイトも消えうせました。


別の馬の背に移り、流れができている場所にローリングベイトをキャスト。
すると着水とほぼ同時にガツンと強めのバイト。
これは今までで一番よさげなサイズ。
ロッドパワーに任せてゴリ寄せを試みますが引きが結構強くてあまり無理できそうにない。
ドラグを緩めて慎重にやり取りしながら、今度はもう後ろに下がってずり上げる作戦にしました。



捕獲成功~ヤタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━!!!!



65㎝があがってくれました。
あああああああああああ癒される。
とても癒されます。
釣れるって楽しい。
バイトがあるってうれし過ぎる。


さあ乱獲開始か!と思わせておいて、その後は反応なし。
最初の馬の背に戻ると浅瀬でベイトの動きがやや激しくなっています。
バックファイヤーで浅瀬一体をさぐっていると、ピックアップしようと止めた瞬間にバシャ!
今度は入水したまま瞬殺でランディングできました。





40cmぐらいでした。
その後もバックファイヤーで探り続けましたが流れが一気に変わってベイトもいなくなり終了モード。
まあ釣れたのでこれで満足です。


ヒラ用11Fを湾内で使うのは無理ですね。
外海サーフなら十分使えそうですが。
でも今後もシバス狙いでデカルアーなげる機会は増えそうです。
やや硬めで10F弱のロッドが欲しくなってきました。
ロト6でもあたりませんかね…









テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/22(木)|
  2. シーバス
  3. | コメント:7
<<懲りずにウエストサイド | ホーム | 鬼門サーフに苦戦&ファミネタ紅葉編>>

コメント

硬いロッドはわたしも苦手よ。
硬いのはお布団の中だけにしなさい。爆
週末は西アーバンの磯に逝ってみるから。
当然
ネタ狙いよ。
  1. 2009/10/23(金) |
  2. URL |
  3. ひろ #-
  4. [ 編集]

やっぱ湾奥はウラギラナイね・・・・
外洋サーフもスタートしたよ^^
鬼門のあのサーフにいこうや^^
  1. 2009/10/23(金) |
  2. URL |
  3. ベクコ #-
  4. [ 編集]

あいかわらずなにかやらかしますね(笑)
シマノリールツインパ以上は中のジクを変えんといかんですもんね~。

女巻き・・・ぜひ見たかったわ~

湾西もそろそろ爆りそうよ~!
  1. 2009/10/23(金) |
  2. URL |
  3. ogi #-
  4. [ 編集]

ぼくもフックちっさ!!って思いました(笑)
  1. 2009/10/23(金) |
  2. URL |
  3. ズり #-
  4. [ 編集]

ヒラス惜しかったですね~
一発出たって事は間違ってないかもよ、女巻き^^
  1. 2009/10/24(土) |
  2. URL |
  3. 松子 #-
  4. [ 編集]

だんだんこっちの世界へ足を踏み入れてきましたね。俺もいわごんのルアーばかり触ってたら感覚がおかしくなって来ました。
ヒラ打ち行っても20cmのルアーを当たり前のように投げてたり・・・
  1. 2009/11/03(火) |
  2. URL |
  3. otuu #-
  4. [ 編集]

To:ひろさん
お布団の中もやわらかいままよ(涙)

To:ベックさん
相変わらず鬼門だったわ~(死)

To:ogiさん
あなた、Pの店員よりも詳しいわね…(毒)

To:けんくん
ぼくは自分の股間ちっさっ!と思いました(泣)

To:まっちゃん
ぎこちなさがナチュラルダートを生み出したっていうわけで…(下手)

To:otuuさん
Atmosの呪いね…(怖)
  1. 2009/11/11(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。