スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

そもそもの始まり

3年前に福岡に引っ越してきました。
当初住んでいた早良区百道のマンションそばに、椎名林檎の唄にも出てくる2級河川、室見川が流れています。
散歩に行くと、釣り人たちが腰まで水に浸かり、なにやら釣りをしている光景を目にします。

話を聞いてみるとこの室見川ではシーバス(スズキ)が釣れるというではあーりませんか。なんとルアーで。しかもデカイのが。


ブラックバスのルアーフィッシングは小学生時代からしておりました。
名古屋港でえさ釣りでセイゴ(スズキのちっちょいやつ)を何度かあげたことはありました。
しかし、ルアーで挑んでみるもことごとく惨敗。
何度投げてみても全く釣れる気配すらありません。
自分の腕ではルアーでシーバスを釣るのは無理だと思い込んでいました。

今年(2006年)になり、5月ごろ妻と夜の散歩に出かけました。
20061020220748.png以前から気になっていたので、バスタックルに、なぜか昔からもっていたチカ・ボッカ(水面を攻めるルアー)をくくりつけ、散歩の途中で夜の真っ黒な室見川に投げ、水面をちょんちょんやっとりました。

魚の気配はほとんどなく、遠くでぼららしき魚が必死にジャンプしています。

こんな動かし方で釣れるわきゃねーな…と思いながら3投目。
着水後ちょんちょんと動かしているとルアーのあたりの水面がバシャ!
ん?何だ!?
ロッドには何も感触はない。
どきどきどきどき…一気に全身の血が首もとから頭のてっぺんに上がる。
そのままちょんちょん引いてくると足元でまたバシャ!
おおお御御尾ぉ~!!
今度はロッドがくんくん持っていかれるではないですか。
何かがかかっている!かかかかかっている!
頭に血が上っているゆえ、やり取りに気を遣う余裕もなくひたすら巻き上げる。
すると、謎のそいつが水面近くに上がった瞬間、バシャ!という水しぶきとともにロッドが一気に軽くなった…かかった魚が外れてしまったのでした…

あれはなんだったんだ。
近視で鳥目の私には水面に一瞬あらわれたそいつの姿はまったく見えませんでした。

しばし放心状態の私の所に妻がやってきました。
い゛ま○×%%%#$△~だがや!」(注:私は名古屋人)
妻に状況を説明するも、興奮し過ぎてうまく話せません。
さらに何度か投げてちょんちょんと引いてくると、頻繁に先ほどのバシャ!が面白いように起こります。
「ほらみやあーなんか魚が食ってきとるてーぜってぃゃあーそーだてー」
(ほらみなさい。何か魚が食ってきてるって。絶対そうだって。)
でもなんにも釣れてないじゃん。
……

結局その夜は数え切れないほどのアタリがあるものの、魚は一匹もゲットできずでした。
しかし、その帰り道、妻が少し距離をおくほど満面の笑みを浮かべた私がいました。
「絶対に釣ってやる。」
それから私のシーバスフィッシングの幕が開いたのでした。

  1. 2006/10/20(金)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめの一歩 | ホーム | 10月22日釣行記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyostyle.blog80.fc2.com/tb.php/2-7c4d651c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。