スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ちらかし道中膝栗毛

明かりをつけましょボン・ジョビに~♪


って3月3日をすでに1日過ぎてたわね…
もうメインの仕事がロングオフ状態で毎日がエブリデイ!なのよ。
日付感覚なんてとうの昔に無くしたわ。
大学生時代の夏休み級に毎日をのんべんだらりと過ごしているのよ、悪い?


釣りはほどほどに行ってるわ。
流石に毎日行くと戸籍から削除されそうなのでほどほどにね。
それでも色々行き過ぎて更新が追いつかない状態よ。
ついつい連載モノなんか書き始めてしまったからなおさらよ!


ってことで、連載の最終章を含めてこれまでの釣りを簡単に振り返ってみるわね。





「負のアフター河川激闘編 最終章」


もうこのままオカマ語で語り続けるわよ。
やっとの思いで2千円ちょいのPEラインを手にて釣り場へ舞い戻ったの。
ラインはゴーセンの投げ釣り用。
なんか良く分からない微妙なラインね。
でも釣りができればとりあえずはOKよ。




3投目でライン虎舞竜発生よ(#`-_ゝ-)ピキ




リーダーから1mほどのところがモジャッとなってるわ。
慎重にラインをほどきながら直してみたけど硬い玉ができてしまってうんともすんともいかないわ。
諦めてラインシステム組みなおしたわ。


いきなりのタイムロスにイライラ感がまた高まってきたわ。
トラブらないように重めのルアーで丁寧にキャストすることにしたのよ。



数投後にまた虎舞竜ね(#`-_ゝ-)ピキピキ



どうやってもダメだわ。
安ライン&キックスの相性最悪のパターンだわ。
もう天からの試練だと思って諦めるわ。


ちょこちょこ移動しながら流心をドリフトさせてみたけど何もでないわ。
ボラは溜まっているのに。
流れが割れる瀬のあたりで待ち伏せてるのかしら。


裂波140を遠投して流れに乗せながら背の近辺まで流し込んでみたわ。
いい感じのラインを流してみても無反応よ。
デイではまだちょいと難しいのかしら。
っていうよりもフルキャストするたびに数投間隔でラインがトラブルのよ。
ほどいて直れば楽なんだけど、直らないトラブルも多発なの。
そのたびにラインシステム組みなおしてタイムロスばかり。



しかもいつの間にかライン減りすぎて瀬に届かなくなったわ(涙)



再度流心狙いにチェンジ。
スライドスイムミノー120で表層を大アピールさせるのよ。
この動き、この引き波。
きっとかなり広範囲の魚にまでアピッてるわ。
いつくるかわからないバイトに備えて集中するのよ。


集中…


集中…



気を失いそうなほど肩が懲ったわ



こんなに殺気立ってはきっとだめね。
ちょっと深呼吸。
気楽にリーリングすることにしたわ。






あら?
なんか背中のほうが騒がしいわね。
なに?
あ、数十メートル後ろの橋の上に10人ぐらいの団体さんがいるわ。
すぐそばの観光地に来たのかしら。
橋の上で足を止めて、こっちみて談笑してるわ。





と、よそ見してたらいきなりガツンとバイト!




うおおおおおおおお!
心臓が飛び出るぐらいビビル大木じゃない!
ロッドを立てるとラインが一気に走ったわ!





ラインが一直線にピンと張って走る走る!



























上に走る…?































大空に向かって走るわ…






ぎゃああ!
なんと強烈なカモメバイトだったのよ!
ルアーをかっさらって飛んでいくわ!
どんどん舞い上がるわ!
うわあああああ!
ど、どうすればいの?



ロッドをあおってみたらルアーを放してくれたわ(ホッ)



おそるおそる振り向くと観光客がこっちを指差してわいわいやってるのよ。
見られたかしら。
ちょっぴり恥ずかしいわ。


でもすぐルアー放してくれてよかったわ。
カモメにフッキングしてたらリアルゲイラカイト状態が完成してたわ。
もしそんなことになったら大変よ。
だって、観光客の注目の的なのよ。
そうなったらもう「狙い通り!」とか大声で叫んで涼しい顔で華麗なファイト&ランディングを演出せざるを得ないじゃない。


そんなアフォなこと考えて「カモメはカモメ…」って研ナオコの名曲を口ずさみながら再開したのよ。
でもまたライントラブル発生したわ。
もう、いい加減にしてよ!
短気になってるから直そうと思っても手に無駄に力が入ってどうしても硬い玉ができてしまうのよ!(#`-_ゝ-)ピキピキピキ
もうこれ以上ラインをカットできないわ。



玉が出来たままでキャストよ!



ぬああああああ!
またトラぶったわ!
ええい!
なにくそ!
このまま投げ続けるのよ!


ぬおおおおおおおおお!
なんじゃこりゃああああ!
またトラぶりやがった!
まだまだ!
どりゃああああああ!
ぐわああああああああああ!

































最後はこんな再起不能なとこまでいったわよ(涙)



シドい!シドすぎるわ!
私が何したって言うのよ!
さすがにこれは強制終了ね。
心が完璧折れたから帰ることにしたわ。


私、この負の河川と相性悪いのかしら。
去年は竿折れたし。
あっ!
「そもそもリール忘れたアンタが悪い」って言うのは誰っ!?
でもまあそのとおりね。
いいわ。
またいつかリベンジに訪れるわ。
今度はナイトで真剣勝負よ。








数日後にもうチョイ西の地磯に出向いてみたわ。
情報ではその広い一帯の一部にカナギが接岸して磯マルが釣れてるらしいの。
前々日に春一番が吹いて状況変わったかも知れないけどとにかく行くことにしたわ。


ほんとうは酪農家かずぼんさんと一緒に行くはずだったのよ。
でも前夜合コンだった彼はお持ち帰りの乳牛の世話がどうのこうので土壇場キャンセル。
独身って恐ろしいわね。
いいわ。
一人でやりきって見せるわ。





ちょっとうねりがあって荒れ気味だけどベタ凪よりいいわ。







でも春一番でベイトがきれいに消えてたわ







この一帯を気がふれたように投げまくったけど何にもきやしないわ。
ランガンしつくしてもう投げるところがなくなったのよ。
車で北の先端まで移動したわ。
去年はここで磯マル釣ったのよ。
でもここも何にもありゃしないわ。
やれることはすべてやってまた最初の場所に移動。
結局トータル6時間粘ったけどノーバイトでカリッカリにされたわ。


chira2.jpg


私に微笑んでくれたのは焼き牡蠣だけだたわ。
どうなってるの?
魚はいなかったの?
私が下手なだけ?
疑心暗鬼に陥ったけど次の日出た組もカリッカリにされたらしいわ(ホッ)。







数日後の夜に行ったわ。
ベックさんまっちゃんとヒラ狩りにね。
でもヒラやるには海のコンディションが悪いのよ。
ってことで漁港でアジを狙ったわ。
アジングってやつよ。
小さい臭いつきワームで狙うのよ。


サビキは経験あったからとりあえず1gぐらいのジグヘッドでゆっくり底までフォールさせるのよ。
フォール中にククンとあたるわ。
でもなかなかのらないの。
唯一かかったのは20cmぐらいのアジ。
まさか釣れるとは思ってなかったからキープする入れ物がないのよ。
どうしようと思っていたら口切れしてテトラの奥に落ちていったわ(涙)。


結局釣れたのはその1匹のみ。
まっちゃんも20cm級のみの釣果で苦戦したらしいわ。
でもベックさんのバッカンみて驚いたわ。
数もサイズも驚くべき釣果。
最大は40cm越えで30中盤のサイズがゴロゴロ。
どうして?
何が違うの?
撒き餌したんじゃないの?
ホントはサビキで釣ったんじゃないの?


あれこれ憤慨しつつも、お土産いただいたから嬉しかったわ(笑)。





一番大きいのはそのまま塩焼きに。
あとはおろして漬けに。
油の乗った塩焼きも上手かったけど漬けアジのお茶漬けはやばいぐらい美味かったわ。
醤油、みりん、料理酒、胡麻を混ぜたタレに1日じっくり漬け込んで、きざみのり海苔と大葉とわさびの薬味にだし汁かけてできあがりよ。
今思い出してもよだれがあふれ出てくるわ。
アジもいいわね。
でかいのが釣れるならだけど。
難しそうだわね。







近所でヒラがあがりだしたから、じゃああの島はどうなの?ってことで初上陸してみたわ。
西の島よ。
映画の舞台にもなったとこだわ。
一度行ってみたかったのよ。
釣れてるって情報もなにもないけど出たとこ勝負なのよ。


家から渡船場まで40分。
船で島まで20分弱。
お手軽だわ。
朝一の船に乗り込んだわ。


上陸してみるとなんだか時間がゆっくり流れてる感じね。
港にたむろってた女子高生がとても素朴な感じでいいわ。
不意に挨拶されたから思わず恥ずかしくてうつむいてしまったわ。
シャイさでは島民に負けず劣らずの私よ。


西側をひたすらたたきながら歩いていったわ。
ゴロタがしばらく続いているわ。
こちらはかなり浅いのよ。
海は穏やかでベイトっ気もないわね。
ボラがたまに跳ねるだけなのよ。


歩道の先端に到着したわ。
ここからは磯場ね。
ちょびっとだけどサラシてるわ。
何だかやる気が出てきたわ。





よさげな場所にルアー通しまくったけど何も出ないわ。
ならばどんどん奥へ進んでいくのみよ。





場所的にはグーなんだけどサラシがどんどん薄くなっていくわ。
あんまり考えずにここまで来ちゃったけど、どうやらこっちが風裏みたい。
逆周りをいくべきだったわ。
まあいいわ。
イチかバチか沖の瀬周りを狙ってスライドスイムミノーをロングキャストよ!




ガガッ!!




えええええ!?
数投目でいきなりバイトよ!
すぐに魚が浮いたみたいで沖目で魚体がチラッと見えるわ!
体高がある銀色の魚体よ!
ヒラよ!
きっとヒラだわ!
やったわ!
無抵抗気味の魚を一気にゴリ巻きよ!







































なんだ、ウスバハギじゃないの…

























しかも死体じゃないの…(涙)








無駄に体高があるから期待しちゃったわ。
鳥につつかれたようで目なんかなくなってるわ。
見ているだけで悲しい気持ちに包まれまくりよ。
やる気メーターかなりダウンなの。
だめよ、負けちゃ。
せっかく島まで来たんだからがんばるのよ。
最後の最後まで諦めちゃダメ!絶対!































結局ウスバハギの死体のみの釣果で終了
工工エエェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエエ工工









この数日後家族で遠出してみたわ。





この写真でどこかわかるかしら。




ここは長崎駅よ




博多から特急かもめで2時間くらいね。
電車だとあっという間よ。





とりあえず中華街で本場のちゃんぽんをいただいたわ。
うまいわ。
濃厚でうまみたっぷりよ。


そして出島近辺から船に乗ったわ。
船に乗るってことは島に渡るってことよ。
でもそんなに遠い島じゃないのよ。



伊王島に上陸したのよ



この島はかつて炭鉱フィーバーで盛り上がったらしいわ。
でも閉山して人口は激減。
それから観光戦略に転換を図って活気を取り戻してきてるみたい。
私達家族は今回、リゾート施設「やすらぎ伊王島」でちょいと一泊安らぐことにしたのよ。


ここ、最盛期は夏場らしいんだけど、この時期客集めのためにいろいろサービスがあるみたい。
2月~3月中旬は「感謝の特別宿泊プラン」ってのを開催中で、低料金で豪華な夕食バイキングが楽しめるのね。
施設も温泉を初め、マッサージ、エステ、テニスコート、海水浴場、簡易ゴルフ、サイクリング、子どものための屋内遊技場(名称キッズガーデン)などなど、いろいろ楽しめるわ。




晴天ならね…




行った日はあいにくの雨天。
いったいぜんたいここで何をしろと?って感じだったわ。
とにかく子どもをキッズガーデンで遊ばせまくったわ。


伊王島というと釣りでも有名ね。
エギングでは特にね。
それにこの時期、冷たい風でベイトが接岸すれば、なんと堤防からヒラスズキや真鯛がバンバンあがるらしいわ。
なんてことなの?
それは黙っちゃいられないわ!





家族旅行なので釣りはできないけどね(泣)





まあ実は無理矢理タックル忍ばせて、深夜にこっそりやってやろうと企んでたわ。
でも夜は爆風&大雨。
ちょっと歩くだけでずぶぬれよ。
軽い台風並みよ。
さすがにあきらめたわ。





今回コテージに泊まったのよ。
広々としてよかったわ。
窓の外は海よ。
窓もステンドグラスで長崎チックなのよ。


温泉はそこそこ楽しめたわ。
それよりなんたって夕食バイキング。
新鮮な刺身や寿司がこれでもかっていうぐらい並べられたわ。
とてつもなく美味しかったわ。
洋食も充実してて食い応えがあったわ。
お酒は飲み放題。
ビール、日本酒、ワインとなんでも。
どれもまあまあ美味しいのよ。
飲みすぎて視界が20%ぐらいに狭くなったわ。


翌日は朝から昼にかけて天気が回復傾向よ。
だったらサイクリングでもしとく?ってことになったわ。
これが異様に気持ちよかったわ。
海を見渡しながら風を切って突き進むのよ。





釣り場としてもよさげな岩礁帯がいたるところにあるわ。
ここはやはり釣り人にもパラダイスね。
帰りの船にはヒラスズキ狙いっぽいアングラーの姿もあったわ。
今度は釣り交じりでゆっくり来てみたいわ。







で、2日後にはまた長崎に来てしまったわ(爆)


そうよ。
前回の記事でお知らせした聖地・五島でのヒラスズキフィッシングよ。
楽しかったわ。
たまらなかったわ。
また行きたいわ、お金が許せば明日にでも(笑)





釣った魚はすべて持ち帰ったのよ。
マイファミリーだけでは食べきれないわ。
ってことでA作の店におすそ分けに行ったわ。


A作、どうやら新しく開いた「もつ鍋ながまさ」に居るみたいね。
忙しい時間帯にも関わらず押しかけてやったわ。
すると平日なのに客いっぱい。
この御時勢にやるじゃないの。
今すぐ私をバイトで雇いなさいよ!(自爆)


でもA作ったら、お礼だって言って目の前で私の家族分の魚をさばいてくれたわ(嬉)
助かっちゃうわ。
忙しいのに悪いわね。
こんな気さくさが客をひきつけるのね、ってちょっぴり宣伝しておくわ(笑)





左が刺身、右がしゃぶしゃぶ用よ。
さすが料理人の仕事だわ。
白子も食え!って袋に包んでくれたわ(右上)。


刺身は甘くて最高。
何度食べても甘くて最高なのよ。
釣った日は身がこりこりで新鮮そのものの美味しさを味わったわ。
でも1日置いたら身がトロッと柔らかくなってこれまた最高!
どちらかというと1日置いたほうが私はLOVEよ。


ヒラしゃぶも美味かったわ。
皮つきだと歯ごたえあって食感が増してるわ。
1回では食べ切れなかったので翌日に皮付きの身を普通の鍋に入れたわ。
鍋に入れてじっくり煮た味も激ウマ!
皮もいい感じに煮込まれてるのよ。
もしかしたらしゃぶしゃぶよりも好きかもですわよ。


白子はA作の指示通りにいただいたわ。
塩でもんでさっと湯通し。
適当な大きさに切って青ねぎかけてポン酢でいただくの。
甘くてとろとろで激ウマだったわ。
深い意味でオカマ好みね(爆)


ヒラスズキはほんと美味しい魚なのよ。
なかなか手に入らない食材でしょ。
釣り師の特権ね。
味もいいし、釣り味も最高だし。
あ~もうヒラに完璧心を奪われてしまったわ~。











まず、ここまで読んでくださって本当にありがとうございました(爆)


最後の釣行記ですわよ。
昨日のことよ。
朝から糸島巡りを決行したわ。
その前日にドライブで二見とか行ったら波が最高だったの。
サーファーの活性も大いに上がっていたわ。
どうやら次の日まで波がまあまああるそうなのでこれはヒラ狙えるんじゃないかってね。
そうなの。
聖地体験のせいで私のベクトルはすべてヒラスズキに向いてしまうのよ。


1箇所目…2箇所目…3箇所目…
ヒラの実績がある場所を回ってみたけど波も微妙で魚ッ気なし。



っていうかなんか違うのよ!



聖地を体験した私はもう普通の釣り場じゃ満足できない体になってしまったようだわ。
ブラックを知ってしまったイエローキャブのようだわ。
これまで凄い!と思っていた糸島の地磯がしょぼく見えるのよ。
ヒラスズキが出そうな気配が感じられないの。
もう不感症レベルよ。
どうしたらいいの?
性感マッサージでも通おうかしら。


あ、そうだわ!
まだ未体験ゾーンがあったわ。
某酪農家が年明けにヒラ2本かけたあの場所へ行くのよ。


車を止めたわ。
彼の話を思い出してみると、確かここから山道をひたすら歩いていくってことだったわ。


すぐにいい感じの磯場が見えるわ。
でもここは波がなくて穏やか過ぎるわ。
スルーするわ。
ひたすらどんどん道を進んでいくのよ。
あら?なんか道がやけに上り坂になっていくわよ。
こっちで本当にいいの?
この先に魅惑のヒラゾーンが待っているというの?
この険しい登り道をひたすら突き進んだアングラーにだけヒラスズキは微笑むというの?





























あら?いつの間にかすっごい高いわ…








…って、これは明らかに道を間違えてるみたいね(笑)
気付いたら山の頂上付近まで到達してたわ。
このあたりの主要な釣り場が一望できてしまうほどの標高なのよ。
こころなしか、若干空気が薄いわ(爆)
なんで私、海釣り道具もってこんな高い場所に来てしまったの?(爆死)


この先は反対側の磯地帯に続いているっぽいけど、さすがに降りていけないわ。
だってこれ降りるってことは帰りにまた上らなきゃいけないってことでしょ。
それくらい仕事から遠ざかって脳みそ溶けかけてる私でも計算できるわ。
まあ、ここまでいい運動になったわ。
さあ戻るのよ。


あら?別の道発見だわ?
こっち行けばいいのかしら。





おおおお?
磯伝いに結構歩きやすいルートがあったわ。
きっとこっちが村越大正解ね!
でも波がしょぼいわ。
もっと先に行けばどうなのかしら。
あの角を曲がってみると…






きゃあああああ!
これよこれ、この感じ!
風がもろ正面の荒磯発見よ!
サラシまくってるわ!
どうなの?これ?
長崎に負けないぐらいの立派な荒磯がどこまでも続いているのよ!
そこらじゅうヒラがでそうなポイントだらけなのよ!
におうわ!
プンプンよ!





ああっ!
ここはそうだわ!
かずぼんさんが釣ったまさしくその場所に違いないわ!
見つけたわよ、私!
でも風がハンパなくて波もときおりむちゃくちゃ高く上がるわ。
危険が危ないわ。


とりあえず裂波を投げるわ。
それーえええええ!





投げたはずの裂波がこっち向かって飛んでくるわ





もう風が強すぎてぜむぜむ飛ばないのよ。
じゃあここはモンスーンブレーカーね。




2投目で根掛かりロスト(涙)




しかもラインシステム組んでる途中で頭から波かぶったわ。
心が折れると同時に身の危険をひしひし感じたわ。
ってことでろくに釣りもせずに帰還したの。
今思えばあのままチャレンジすればもしかして1本ぐらいは出たかな、って。
あれぐらいの荒れ方じゃないとヒラは出そうにないしね。
カモメも岸際を飛行してたからベイトも寄ってたかも。
また再チャレンジしてみるわ。
一人じゃちょっと怖いけど。








てなわけで、聖地フィッシング以外はホゲまくりのちらかし放題よ。
どう?癒されたかしら?(笑)
人のホゲは蜜の味。
これからも皆さんを癒すがためにどんどん釣りに行くわよ~





うーん、でもこの記事読み返してみるとなんだか




磯写真館みたいな勢いね(爆)




テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/04(水)|
  2. シーバス
  3. | コメント:18
<<ふたりの愛ランド with ゴンちゃん 2月25日釣行記 | ホーム | 名古屋に帰省>>

コメント

鴎ですか。爆
島なんか逝くからやっぱり病んだみいね。
ご愁傷さま。ち~ん。
そろそろ、しばすを探しに逝こうかな。
山登りしないで逝ける磯に逝きます。爆
  1. 2009/03/05(木) |
  2. URL |
  3. ひろ #-
  4. [ 編集]

「けつさん」は響き悪いんで こちらで(・_・;) なかなか 派手に散らかしてますね 笑 最後の場所は 自分も散々糸島通ってますが まだ未開の地ですね(-.-;)
日曜日 糸島各ポイント回ってみましたが どこも釣果上がってませんでした 次の大潮で また がらり変わるでしょうけどね また爆笑釣行記(?) 期待してます もし 釣り場でお会いしたら よろしくです('∀`)
  1. 2009/03/05(木) |
  2. URL |
  3. K2改め KENKEN #bHKPCgFU
  4. [ 編集]

だいぶ ホゲってますね。 人のホゲは蜜の味・・・
名言ですね。
今日の朝 94上げてかなりウキウキ痛快通り中です。
(ノ^^)八(^^ )ノ
  1. 2009/03/05(木) |
  2. URL |
  3. 塗装工 ナギー #-
  4. [ 編集]

私も日曜の朝、もうチョイ西の地磯に逝って来ましたよ
ベイトもさっぱり居ませんでしたね・・・
今度、磯マルご一緒しましょうね!
酪農家さんは、順調に釣果をあげてるんですね~(笑)
  1. 2009/03/05(木) |
  2. URL |
  3. 何かくれ。 #-
  4. [ 編集]

書きあげたわね・・・・遂に・・・・

悲しいラスト島まで・・・・(-.-)

しかしかなりの釣行回数ね・・・

また逝きましょうね^^
  1. 2009/03/05(木) |
  2. URL |
  3. ベクコ #-
  4. [ 編集]

せ、制空権まで手にしてるし!!(笑)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. けん #-
  4. [ 編集]

To:ひろさん
「人が簡単にたどり着けないところにサプライズが待ってる」
そんな勝手な思い込みに脳を支配されているわ(笑)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:KENKENさん
いろいろ冒険すると面白いですわ~
普通の海では満足できないといいながら地道にアフター狙いにいったりしますわよ(笑)
お会いできたらよろしくです
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:塗装工ナギーさん
94とはまた景気がよいことですわね(羨)
私は最高が79cm…
ランカーを釣らない自信がありますわよ(泣)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:何かくれ。さん
あの地磯、去年のような状況にはなかなかならないみたいだわね…
磯マル行きたいわ~
でも釣れてる情報が入らない限り行かないわ~(笑)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:べクコさん
ニート逆切れ釣行と呼んでね(笑)
ああ…あなた達の聖地釣行は目の毒だわ…
今度は近場の島も御一緒しましょ!
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:けんくん
もうヘリからの景色並だったわ…
あまりに高すぎて自分でも笑えたわよ…
聖地でやらかしたわね…(羨)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

がんばってますね!!
しかし、グチャグチャPEには・・・・

泣ける(笑)
  1. 2009/03/06(金) |
  2. URL |
  3. ogi #-
  4. [ 編集]

受験シーズンも終わり、ますますツヨポン自身の活性も上がりまくりですね!
それにしても五島では羨ましい釣果でしたね!
流石、、、夢の島・・・一度は訪れたい地

お小遣いの捻出が大変そうだけど・・・
あと、もっとマシなPEを使ってください。。。
  1. 2009/03/07(土) |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集]

夢の島感動しますた…

流石師匠ね(゚ロ゚屮)屮 おぉぉ

酪農家サンの乳牛のくだり…
もっと詳しく聴かせてщ(゚д゚щ)カモーン
  1. 2009/03/08(日) |
  2. URL |
  3. SUBARIN #-
  4. [ 編集]

To:ogiさん
泣けるといいながら笑うのはよして(涙)
そろそろ湾内ですね
ランカー出したいな~
  1. 2009/03/12(木) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:しのさん
小遣い捻出する価値は十分ありますよ
フックぐにゃぐにゃスプリットリングぐちゃぐちゃにされまくりでした
ヒラは本格的にはまりかけてますよ~
  1. 2009/03/12(木) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:SUBARINさん
夢の島はたまらなかったわよ
まさにアナタの体力がものをいう島だわ
乳牛のくだり…
酪農業に差し支えるといけないから黙っておくわ(笑)
  1. 2009/03/12(木) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Blog Since2006

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。