スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

負のアフター河川激闘編 第1章―熱くさせます、炎の糸―

Himagine there's no heaven…



さて、究極のヒマ人ことわたくし。
海鮮焼き&牡蠣を堪能した休日の次の日(2月12日)のことです。
この日は午前中に福岡タワーへ確定申告に行きました。
意外とあっさり終わり、帰宅するとまだお昼前。
夜には仕事があるのですがそれまで約6時間のフリータイム。





釣りに行っちゃおう…



おもむろに準備を整え車を西へ走らせます。
どこに行こうか。
いろいろ考えているうちにいつの間にか高速に乗ってました。


結局向かった先は昨年のこの時期にコテンパンにされたとある河川。



通称「負のアフター河川」です



産卵後のデカシーバスが狙える場所です。
デイで行くのはどうかと思ったのですが、ちょうど下げタイムでピンポイントが狙えるタイミング。
昨年味わった屈辱をどーしてもここで払拭しておきたいところ。
意を決して車をひたすら西へ走らせました。



車内のBGMはサザン♪
冬ですが(笑)。
海に向かうならやっぱサザンです。
おおお!
「希望の轍」のピアノイントロが流れ始めました。
くーっ!
嫌でも気分が盛り上がってきますね。
よーし!
やるぞ!
今日は絶対デカイの捕るぞ!



そんなこんなで一人意気揚々と釣り場へ向かったのであります










到着しました。
遠路はるばるやってまいりました。
昨年は一度も入らなかった対岸ウェーディングポイント。
雰囲気ムンムンの景色です。
タイミングとしては下げ六分あたり。
しばし海を観察すると、流心や沖の瀬周りでボラがバシャバシャやってます。




うおおおおお!なんか釣れそうな感じ!




年明けから糸島のベイトッ気ゼロの海に翻弄され続けていた私は生命感が感じられるだけで鼻息が荒くなってしまいます。
はやる気持ちを押さえつけながらしこしこ準備にかかります。


この日は暖かいのでナイロンウェーダーを履きました。
どろにんぎょうスタイルは必要ないでしょう。
上着も軽めで風を遮るだけの薄手のレインジャケット。
フローティングベストを羽織ってこの日に適した完璧な姿に変身。
自分でも惚れ惚れするほどのベストマッチ感なのです。




ああ、気持ちがさらにグングン高まってきましたよ




やばいです。
早く海にバシャバシャ突入したい。
ンフーンフーンフー。
鼻息も一段と荒くなり、人生で新記録レベルといえるほどに達してます。
鼻の穴が息で擦り切れて出血する勢いです。


103フィートのロングロッドを取り出します。
流心も沖の瀬もこれならバッチリ射程内でしょう。
対ランカーのファイトに備えてギュギュッとしっかり繋ぎ合わせました。




ふう、もう辛抱たまらん!




ここでヤル気メーターがmax振り切れました。
あとリール繋いでガイドにラインを通して準備完了です。
落ち着け落ち着け。
準備は丹念にするもんです。
慌てていい加減な準備をすると後で痛い目にあったりするし。


さあ、冷静に愛機08ツインパワーをしっかり取り付けるのです。
















あれ?





















リール忘れた━━━━(´・д・`|||●)━━━━!!


















うあああやってしまいましたよ、わたくし!
どこを探してもツインパワーがないのです。
もう全身の血が一気に足首にまでサーッと落ちていくようでした。
血の気が引くとはまさにこのこと。
しばし呆然。
ここまで準備したのにリールがないなんて。
ここまで遠征してきたのにリールがないなんて。










竿先にリーダーだけ繋いで延べ竿ルアーフィッシングでもしようかな…









あっ!




もしかしたらずっと放置していた初代キックスがあるかも!




わずか一点の希望の光を求めて車をゴソゴソ。
ゴソゴソゴソゴソ。






ありますた~~!(嬉)





これはいつしかギアがゴリゴリしだし、挙句の果てには異様にハンドルが重くなって使用感最悪になったリールです。
でもこの際なんでもいい。
今ここで少しでも釣りができればいいのです。
幸いなことに、PEラインも十分な量が残ってるようです。
喜び勇んでラインシステムを組み始めました。




でもこの張りのある卑猥なピンクのライン…




「炎の糸」でハズレ度ナンバーワンとの呼び声高いカラー。
確かこれ、巻いたとたんにバシバシ高切れを起してリール云々というよりもラインに嫌気がさして放置したような。





案の定、FGノットを組んでハーフヒッチで仕上げている最中にプッツリ切れますた…




なんだこれ!?
やぱりあのときの腐ったラインですよ!!
ぐぐぐぐ。
このラインばかりはもう許せません。
頭に血が上りました。
でもとりあえず今はこれに頼るしかありません。
気を取り直してシステムを仕上げました。




まずはスライドスイムベイトをつけて表層を泳がせて見ます。
流心の向こう側へ目掛けてフルキャスト。
追い風に乗ってムチャクチャ飛んで行きます。
着水してもそのまま風に乗せてラインを出してU字ドリフトラインをつくってみます。





すぐラインがスプールから全部なくなりました…





ええええ?
なんとこのスプールはキックス純正の浅溝タイプだったのです。
ある程度ラインが残っていたように見えたのですが実は70mもないぐらいです。
これでは思ったような長距離コースを流すことはできません。
なんてことでしょう。



数投した後にソバットにチェンジ。
流心から手前付近をゆっくり探ってみることにしました。









2投目で高切れしてソバットロストしました…








ぬああああああああ!
もう堪忍袋の緒がプッツンですよ!
普段めったなことでキレない温厚な39歳もこのときばかりはブチギレ!



なんじゃこのクソラインめが!



本当にファイヤーしてすべて灰にしてやろうか!!



誰もいない海で一人思いっきり叫んでしまいました。
こんなラインでは釣りは続けられません。
もう帰ろう。
頭がカッカしたまま車におおいそぎで戻り帰り支度を始めました。











でもまだ時間たっぷりあるね…










道具を片付けながら、やや冷えつつあった頭でふと思いつきました。
近くの釣具店でラインを巻きなおせばまだ釣りができますね。
安いラインでいいからどっかで購入しちゃえば再開可能ですよね。





気がつくとウエーダー履いたまま車に乗り込み釣具店を目指していました。
15分ぐらい走れば「釣具のまるきん」があります。
でもそんなところまでわざわざ行くこともない。
ということで近場の釣具に出向くことにしました。
そういえばすぐそばに小さな釣具店がありましたよ。




希望の光が再度見えてきた私はモチベーション復活して意気揚々と車を走らせたのであります。






ここで諦めておとなしく帰っていればこの後起こる数々の悪夢を回避できたのに…








負のアフター河川激闘編 第2章―熱くさせます、二人の釣具店主― に続く




テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/16(月)|
  2. シーバス
  3. | コメント:23
<<どろ釣りカク駆け その2 ―炎のリハビリ&海鮮焼き編― | ホーム | 負のアフター河川激闘編 第2章―熱くさせます、二人の釣具店主―>>

コメント

波乱万丈…

お願いだから
もう帰って………

ハンケチ用意しときまつ…
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. SUBARIN #-
  4. [ 編集]

あああああああああああ
続きが・・・・・・・・・・・。
生殺しじゃん。

人の不幸はなんとかだしぃ。

生月で磯靴のソール落とした人より 爆
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. ひろ #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして、いつも 拝見させて頂いて勉強させて貰っています。
先日 私も同じ事をやらかしてしまい泣く泣く釣り場から帰宅しました。予備リールはやはり車に置いておくべきですね。
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. 塗装工ナギー #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして、いつも 拝見させて頂いて勉強させて貰っています。
先日 私も同じ事をやらかしてしまい泣く泣く釣り場から帰宅しました。予備リールはやはり車に置いておくべきですね。
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. 塗装工ナギー #-
  4. [ 編集]

内容知ってるだけに次が見たい・・・
あああああ・・・・・・・・負負負負
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. ベクコ #-
  4. [ 編集]

その先にどんな感動のストーリーが…^^
ドキドキ読んでたのに続くだなんて(泣)
ラストでイけなかった気分ですよ(爆死)
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. メガネ #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです 続編気になる... 笑
自分も同じ経験あります 笑 ぶつけようのない怒りと 天を仰ぐ哀愁漂う 自分を今だに覚えてます 爆
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. K2 #Y/QWlVsM
  4. [ 編集]

ワールドが近くになかったですか?
わたしよく利用するんですが
(場所が違ってたらゴメンなさい)
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. 何かくれ。 #-
  4. [ 編集]

ククククッ…いや失礼。
私も忘れましたよ…ウェーダー…話にならんので取りに帰りました…。東河川から…(自爆)
続き、早く更新希望!
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. 岳 #-
  4. [ 編集]

ヤバイよ…
ヤバすぎるよ…
(((゜д゜;)))

キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!!
  1. 2009/02/16(月) |
  2. URL |
  3. けん #-
  4. [ 編集]

これは・・・
わざとじゃないとここまでできんやろ(笑)
  1. 2009/02/17(火) |
  2. URL |
  3. ogi #-
  4. [ 編集]

さすがおもろブログ・・・
色々ネタつくりますねぇ~
次回、次々回?!・・・楽しみにしてますよ!
  1. 2009/02/17(火) |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集]

To:SUBARINさん
ハンケチではたりないから超吸水タオルを用意しておいてください…
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:ひろさん
いろいろあった釣行だったので久々に連載です。

でも続きを書くのがちょっとめんどくなってきた(笑)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:塗装エナギーさん
はじめまして。
予備リールは必要ですね。
このときはキックス見つからなければ本当にトップガイドリーダー直結ルアーフィッシングというNEWジャンルを確立していたことでしょう(笑)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:ベックさん
釣りに行き過ぎてこの続きの内容をほぼ忘れかけてるわよ(爆)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:眼鏡くん
たぶんラストまで見てもイケませんよ(涙)
でも久々に笑える釣行ですたよ…
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:K2さん
お久しぶりです。
続編は近々アップします。
でも次で終わりでなく3部作になる予定です(爆)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:何かくれ。さん
場所は合ってますよ。
そうか、ワールドのほうが若干近かったですね。
血迷ったのでかなーりコアな釣具店に行ってしまいますたよ…
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:岳さん
ウェーダー忘れたらノーパン入水というドキドキ体験を味わうことが出来ます。
他の釣り人に混じって、そ知らぬ顔で密かにノーパン…
はまるとやばそうなプレイです(爆)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:けんくん
やばすぎましたよ…
ブロークンハートどころのレベルではなかったですよ…
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:ogiさん
わざとじゃないよ…
すべて真実ありのまま(笑)
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:しのさん
さすが負河川ホームの初代負王。
行ってちゃんと釣るなんて…

ニクタラスィーですね(爆)
新居にピンポンダッシュしに行こうかな…

今度負河川ご一緒しましょう。
  1. 2009/02/18(水) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Blog Since2006

CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。