スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

70upシーバスを求めて 第1回 10月29日釣行記③「結末」

→ ①から見る人はこちら
→ ②から見る人はこちら

そうです!
ついに念願のシーバスが私にもHIT!

よっしゃーっ!

ヤツは グイッ グイッ とゆったり左右に引っ張る。
お、重い…これはデカそうだ。



リールを巻く手にも力が入る。
絶対に仕留めてやる!

しかーしここは足元テトラ帯。
テトラに突っ込まれてはいけません。
それは一応想定内のホリエモン。
長い磯だもを持っているので、あまり寄せすぎずに沖目でなんとかすくう作戦。

げげっ!
そうだがや!
先ほど根がかりをはずすためにドラグを激キツにしてまったぎゃ!
(注1:私は名古屋人)
(注2:ドラグがキツイと相手が大きく力強いときにラインが切れる恐れあり)
慌ててドラグを緩めるとラインがジーッと勢いよく出て行く。
落ち着け落ち着け……

これまで幾度となく大物を逃してきた。
いつも脳みそ沸騰状態に陥り、自分を見失い、挙句の果てにはバラシてしまうありさまであった。
次こそは落ち着いて仕留めるぞ、と幾度となくイメージトレーニングを繰り返してきたのだった。

が、やはり今回も脳みそバースト。
心臓バクバクで毛穴が開きすぎて毛が抜けそう。
周囲の景色は一切目に入らず。
落ち着け落ち着け。

2分ほどやり取りをしているとヤツもヘタってきたよう。
少しずつこちらに寄せてくる。
よーしよーし。
そのままそのまま…
ガーン!
磯だもが微妙に手に届かない位置にある!

今頃気づくかこの愚か者めっ!

誰かに助けを求めたいがシャイな私は大声を上げるのが少しばかりはずかしい。

てゆーか、私のこの状態に気づいている人が周りに誰もいない!
みんな内側攻めに夢中なのね。
足元ふらふらながらテトラを渡り歩く。
体がなかなかいう事をきかない。
どーにかこーにか磯だもを手に取る。
バランスを崩して海に落ちそうになりながらも、何とかヤツをたもに誘導する。

で、でかいっ!
私のたもは直径55cm。
そのたもを余裕で超える魚体!
"うへへ、こりゃ企画釣行第1回目にして目標達成かもねそーかもね"
なんて喜んだそのとき!
やつが最後の抵抗を見せ、一気にテトラにもぐった!
ギャーッ!やめれー!
そこだけはよせーっ!


……
くいん?

ラインテンションが一気に弱まる

……
………
20061103132927.png

バレマシタ…

ガーッなんでおれはこーもアホなんだーっ。
しばし廃人状態。
幽体離脱。
am8:30頃でした。

それから何とか奮起して2時間しゃくりまくる。
しかしあたりすらない。
しゃくりすぎで手首が非常に痛い。
涙もでてきた。

昼が近づくと気温が上がり、海から陸に向かって吹く「海風」が強くなるので、外側は白波が立って釣りにくくなります。
外側狙いは午前中が勝負です。
気分を変えるために一休み。
おにぎりをかじりながら、内側狙いに変更する決心をする。

さてそれから1時間。
バイブレーションをひたすら投げるも反応なし。
つれない気分モードになってきた。
こーなると絶対つれない。
手首が痛い。
人も減ってきた。

そうだ。
いいこと思いついた。

もう帰ろう。

「はやと丸」は定期的に各ポイントを巡回してくれるので、気が向いたら手を振って呼べばいつでも帰ることができます。

帰り支度をしていると、先ほど70upを釣り上げた方も帰る準備をしています。
ストリンガーの先にはその獲物がついている模様。
ありゃ?2匹も?それも大きい!
どうやら同行者の方とひとり1匹ずつ70upシーバスを仕留められていたようです。
「写真取らせてくだたーい」
愛想よく何気に寄って行ってパチリ。
鋭いあなたはすでにお気づきでしょう。
そう、釣行記①の冒頭の写真がそれです。

写真を撮っているときに言われてしまいました。
「人の魚の写真ば撮っても面白くなかろーもん」

はい。おっしゃるとおりです。
嫌味で言った言葉ではないでしょう。
しかし嫌味に聞こえてしまう自分がとても悲しい。
恥ずかしい。とても恥ずかしい。
このまま泳いで帰りたい。

その後すぐに迎えに来た「はやと丸」には乗りませんでした。
意地のかたまりと化した私はそれから1時間釣れもしないのにルアーを投げまくったのです。
手首もプランプランになりました。

やがてふたたび力尽きました。

"おまえはやれることはすべてやったぞ。まあまあ立派だぞ。"
変な薄ら笑いを浮かべながら意味もなく自分のタックルの写真をとる私。
tackle.png

そんなもの撮ってどーする。
完全に壊れきっています。

帰りの「はやと丸」で船長と談笑してなんとか癒される。
船長曰く、どうやらテトラ帯で釣るときには11フィートぐらいの固めの竿で釣らないと無理のようです。
私の竿は9フィートちょっと。
そりゃだめだってことになりましたが、新しい竿を買う余裕はありません。今のところ。

そして、ホームページやブログの話題で盛り上がりました。
船長は自分でホームページ製作をされるそうです。
写真やポイント図などが豊富でわかりやすい、かなり作りこんだホームページです。
でも、なぜかバナーにリンクを張る方法がわからないとのこと。
「今から家によってあんたがやってくれんね」
はははお安い御用です。
が…
今度私が釣れた日にもう一度言ってください。

でも、楽しい話のおかげで、"この企画が第1回目で終わってしまってはつまらないからいいや"なんて前向きになれました。

そう。懲りない私は博多沖防リベンジを決意するのでした。

長文、乱文、失礼いたしました。

おわり。

→ もういちど「はやと丸」

10/29 小潮
満潮 0:44(167.4cm),15:29(127.8cm) 
干潮 8:17(62.2cm),20:11(107.3cm)
*()内は福岡船だまりの潮位
<使用ルアー>
レンジバイブ70ES ハイトホロオチアユ *バイトありチェイス多数あり
レンジバイブ90ES MTカタクチイワシ *チェイスあり
レンジバイブ70ES 九州限定カラーピンク *チェイスあり
CRV70 HGピンク *バイトありチェイスあり
CRV70 HGゴールドレッド
CODE フィン L-カタクチ
マーズ ドリフトシャッド カタクチイワシくるくるチューン*ヒットするもバラシ

*マウスオーバーで赤字になるルアーは紹介ページがあります。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/11/03(金)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マーズ ドリフトシャッド カタクチイワシくるくるチューン | ホーム | 室見川で捕れたカニを使ったパスタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyostyle.blog80.fc2.com/tb.php/17-88a5ffab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Since2006

CALENDAR

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。