スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ほれきたまたきた第13章、ついでにさらっと14章 3月7日、12日釣行記





「スズキ」って、人の名前ですよね!
名前のことですよね!








最近仲間内で話題のサーフヒラスズキ狩りに4度目の挑戦をしてまいりました。
この日はベックさん、ワームマンさん、かずぼんさんが行くということだったので私も参戦することに。
その後も参戦者は増え続けなんと総勢9名が出撃することになったのです。



この日は仕事を早めに切り上げて満潮1時間前ぐらいに現地着を目論む。
出撃前にベックさんに電話しました。
するともうすでに先走りカウパーアングラーが数名スタートしているという情報が。
ううう、おちおちしてられません。
準備を急ぎましょう。
で、ベックさんはいつ来るんでごわすか?



「なんか皆さん『あんたはゆーっくり来なさい』って言うんよね…」



うーむ…
私もその意見に賛成(笑)!
だってベックさん、いつも一人で釣りまくるんですもの。
どーしてそんなに釣れるんでしょうか。
そのコツはいったいなんなのでしょうか。
おもむろに電話でたずねてみると














「それはね。『変態』になることだよ…」

















……え?















「もうね。『釣りが好き』ぐらいではダメ。『変態』にならんと。」















…ふーん


















あむまり意味がよくわかりませんが














で、予定通り現地到着しますた。
駐車場で準備しているとしのっちから着信。
どうやらてっちゃんと別の駐車場に到着して準備してる様子。
私の駐車場からだときょわい森を抜けないと釣り場にはいけない。
意気地なしの私は迷わずそちらへ合流することに決定。
するとその時、一人のアングラーが森から出てきて撤収を始めました。
どこかのシーバスマンでしょうか?
満潮1時間前で、これからが勝負どころの時間帯なのですがもうご帰宅?






まっちゃんやし…





まっちゃん、すでに水被りまくりで心折れたらしいです。
は、早っ!(汗)
そのままアジングへと姿を消していかれますた。
状況あんまし良くないんでしょうか。



しのっち&てっちゃんの居場所に到着。
てっちゃんに「ねえ、オレ帰ってもいい?」のお約束挨拶をくらわされながら準備完了。
3人揃って釣り場へずんずん向かいます。



高い位置から眺めると、サーフ一帯にポツポツヘッドライトの明かり。
まっちゃんの話によるとすでにワームマンさん、いわごんさん、かずぼんさん、isonoさんがはじめてるそうです。
ライトの明かりはあちこちに散っている。
みなさん思い思いの場所を探っておられるのでしょう。



私たちは真っ先にお立ち台に向かいます。
あれ?
意外にもだーれもいませんよ。
これはしめた!と勢い盛んに絶好の立ち位置をゲット。
うわ…潮位高っ!
しかも波の高さはそれほどでもないのに水しぶきが容赦なく襲ってきます。
でもこれはまだ前の時よりもマシかな。
濡れるの上等!の精神で「ふぉー」と叫びながらキャスト。



しかし1分もしないうちに両腕びしょびしょ…



前回よりも水しぶきは低いのですが結構水量が多くてぬれぬれ。
こりゃだーれもいないはずですよ。
とりあえずフード被って体への水の浸入を防ぐ。
折れそうな心をなんとかギリで保ちながら投げ続ける。



ふぉ~



ふぉ~



フード被ってると当然のごとく視界は狭くなりますよね。
前しか見えない。



気づいたら一人で水かぶってますた(泣)



てっちゃんとしのっちの姿はもうありません。
ううううう。
でも負けん、負けんよ。
だって一番実績があるのはここだし。
苦労はかならず報われるはず。
するとそこへかずぼんさん登場です。
みんなの状況どうですか?



「isonoさんがサーフで50ぐらいのヒラ上げましたよ。」



ええええ!?
もう?
ゴロタ場でなくてサーフで?
しかも50cm!
これはかなーり動揺させられました。
サーフにいこうかな。
でもいつかこの場所にチャンスタイムが来そうな気がして動くに動けまへん。



すると続いていわごんさん登場。
ご一緒するのはかなりお久だったので非常にうれちい。
いわごんさんの状況を尋ねると、お立ち台すぐ左のゴロタでなんと2バラシあったらしいです。
じゃあ、このあたりにもきっと居るんでしょうね。
モチベーションあがりまくってキャストキャスト!
しかしどうにもこうにも切れ藻バイトに悩まされまくります。
上げどまりの時間を迎え、一帯のゴミがここに集まってる模様。
しかも潮位最高で私のやっているお立ち台ど真ん中あたりは水しぶきも一層激しい。
みなさん数投してすぐに次第に端っこへ退散していきます。



私も気がめいってきました。
いよいよ場所移動しようかな。
でもやっぱりなんかここが一番確率高そうだし。
周りから見ると、よくそんなところでがむばってるね、って感じでしょうね。
もうこれこそ変態ですよね。





ん?…変態?…





そうだ。
ベックさんも言っていた。
変態になれと。





わたしも変態になろう、ええ、なりますとも





びしょびしょのグリップをもう一度しっかり握りなおしました。
もう少しがんばってみよう。



するとその時、頭上の暗い堤防をひとつのヘッドライトがこちらへ向かってくるのが見えます。
ずんずん、ずんずんと近づいてきますよ。
なんか迷いが無い足取りですが。
こんな水しぶきがザパーンとあがるお立ち台を目の前にしながら少しの躊躇も無い足取り。



あれはもすかすて…










ついに本物の変態登場









そうです。
ベックさんです。(笑)
さすがこのジュリアナポイントでのトップダンサー。
軽いステップでひらりとお立ち台にあがる。
そんでもって「調子どう?」と聞くやいなや、水しぶき正面に受けながら余裕でファーストキャスト。
水しぶきなんてものともしない。
いたって平静。
さすが、変態度が別格です。(汗)



しばらくジュリアナってましたが藻の攻撃がさらにひどくなり、とうとう退散を決めます。
ベックさんと談義した結果、左のゴロタ場へ。
こちらは波が割れる位置がサーフよりも近い。
すぐ先が駆け上がりになっているんでしょうか。
とりあえず裂波で探りながら少しずつ左方面へ移動していきます。
しかしいつも思うんですが、ベックさん、横移動のスピード速っ!
私は弱りきった足腰でゴロタ場をカクカク移動。
何度かこけそうになりなりながら。
いつの間にかかなり距離を開けられてしまうのです。



ああ、こりゃ走りこみでもして下半身鍛えんといかんですね



なんて思っていたら



ベックさん、凄いスピードで私の後ろを右向きに通過(汗)



もうそれは寄せてはかえす波のごとく一気にお立ち台へと戻っていきますたよ。
えええええええ?
見切るのも早っ!
ぽつんとゴロタに取り残される私。
はい、かたつむり並みにフットワークが重いのです。
…いや、よく言えば粘り強いのです!
しばらくゴロタ場で粘ってみよう。
がんばるものに結果はついてくるのです!





でもあまりに寂しくて5分でお立ち台に帰還





戻ってみると、ベックさんといわごんさんが並んで投げてます。
私はその左に立つ。
潮位はかなり下がってしぶきもそれほど被らなくなってます。
切れ藻も減ってるみたい。
だいぶ釣りやすくなってます。





しばらくするとベックさんにヒット!!





サクッっとヒラセイゴをかけてますよ。
やっぱしつえ~。
どうしてそんなに釣れるん?
なにが違うん?
ヒットルアーはなに?




「アローヘッド…」




ああ、そーですか。
はい、もってませんよ。
どーりで私に釣れないはずだ。
などと、釣れない理由をルアーに押し付けて自分を慰める。
なかばヤケになって仕入れたてのソバットゴビーをおもむろに投げてみる。
サーフでソバット。
もう破れかぶれの最終手段です。
ところがなんと数投目にグッとティップが引きこまれる。



あれ?
また藻かな?





くーんくーんくーん




おおおお!?
これは間違いなく生命反応!
竿を立てて合わせを入れると



ぐぐぐぐぐぐぐ…



なんとノッてしまいましたよ!
久々の手ごたえに興奮マックス!
全身の血が逆流してわけが分からなくなってきたその瞬間





うおおおお!き、キタァ━━━━━ッ!!!





つい我を忘れて魂の雄叫びをあげてしまう。
予想外の自分の声のでかさにちょっぴりドキドキしたりして(恥)
しかーし次の瞬間



ぐぐくーんく…


…………………






バレタ━━━(;゚∀゚;)━━━ッ!!!





ヒットからバラシまでの展開早っ…(汗)
歓喜の間はたったの3秒であえなく終焉。
悲しみの雄叫びがあたりに響きわたりました。
まあ、ばらしたと言えセンチになってる暇はありません。
きっと群れが回遊してきたに違いない。
チャンスはまだ目の前に転がっているに違いない。
鼻息荒げて投げているとまた



ゴッ!



スローに巻いてきたソバットに明確なバイト!
これは乗りませんでしたが興奮度さらにアップ。



さすがソバット━━━ッ!!



オマエだと思っとったて━━━ッ!!!




ついつい名古屋弁丸出しで心の中で熱くそう叫んでいたそのとき








キタ━━( ゚∀゚ )━━ッ!!!…
バレタ━━(;゚∀゚;)━━ッ!!!









私よりもかなり速い展開で今度はベックさんがバラしてます。
ヒットルアーはなんとローリングベイトのようです。
その選択、ありえません…(爆)
まあソバットの選択もどうかと思いますが。




「もうなんでも投げちゃってぇ━━━っ!!」




ベックさんのお得意の超高音シャウトが炸裂してます。
笑えて集中できんからお願いやめて…



でもなんか異様に盛り上がってきますた!



間違いなく魚は目の前にいる!!



すると今度は







キタ━━━( ゚∀゚ )━( ゚∀゚ )━━━ッ!!!







うおお!?
なんとベックさんといわごんさんにダブルヒット!
なぬ~!
私にも来たらターキー完成ですよ!
たのきんトリオですよ!





でもやっぱしそーうまくは来てくれまへん





なんで…
弱い、引きが弱すぎる…
なにやら流しそうめんの最後部で一向に麺が到達せずにあうあう言っている悲しい人間になったような気分に陥りながらもめげずに投げ続けます。
獲物をぶりあげたお二人は後ろのほうで魚を高々と掲げながら





うおおおおおおおおおお!





やたあああああああああ!





おれたち○×#%▼&!!!!





おかーさー○×#%▼&!!!!





若干波の音にかき消されて良く聞こえない部分もありますたが歓喜の雄叫び合戦開催中でした。
もうなんか無駄に叫びまくってます。(爆)
声大きすぎで魚逃げるよ。
でも楽しそうでうらやまちい。
あの輪に入り込みたい。
ってゆーか笑えてきてリールが巻けません。




しばらくそのまま粘っているとフラフラしのっち登場。
あれ?
なにやら顔がクマプースマイル?
やな予感がしますね…





「TSUYOっさん、ついにやりましたわ」





ヒラセイゴをぶらぶらさせながらこの一言。
勝ち誇ったような笑顔で私の横に無理矢理侵入してきます…
しのさん、どうやら今日はゴロタを叩きまくって1ゲット1バラシらしいです。
さすがですね…



しのさんはお子さん生まれたてでなかなか釣りにいけない状態が続いています。
でもなんとか出撃できた1回目は某西河川でランカー7kgアップのモンスターをゲット。
そして今日が2回目なのですが見事ヒラスズキゲット。
少ない釣行で確実に結果を出すとは只者ではありません。
その実力を認めざるを得ません。













でもその笑顔がなんかシャクに障りますよ…










ホゲればよかったのに。
そーっと近づいてストリンガーにつながれたヒラスズキをリリースしようかとも思いましたがすんでのところで自分を抑える。




やがて潮位も完全に下がって魚の気配も消えました。
みなさん次々に海から上がっていきます。
私もついに精根尽き果ててギブ。
ふらふら海から上がると、本日のファーストゲットアングラーであるisonoさん発見。
その足元にはプリプリのヒラフッコ。



「TSUYOSHIさんはどーでした?」



くったくのない笑顔でたずねるisonoさん。
わ、わたしはまたダメでしたよ、と震えながら答えると



「えーっ!うわ…そりゃきびしいですね…」



と言ったかとおもうと、あまりに惨めな私に対してかける言葉も失ったのか、無音で口をパクパクさせるisonoさん。
しかーし、読唇術検定準2級のわたくし。
なんとその唇が





ア・イ・タ・タ・タ・タ




とゆってるのをしっかり読み取ってましたよ…(涙)





お久のワームマンさんにご挨拶。
ワームマンさんもしっかり1匹ゲットされてます。
やっぱり釣る人はちゃんと釣る。
チャンスをものにするんですね。


って…えええええ!?


もすかすて釣ってないの私だけ?





すると暗闇からてっちゃん登場。
そして一言吐き捨てる。








「あ゛~釣れん!」








てっちゅあん。ラブ。(笑)
はっきし言って、かなりホッとしました。
こーなったらお仲間探しに必死になる私。
そしてあと釣果を聞いてない人はだれでしたっけ。
あ!すみの方でこそこそしているかずぼんさん発見!(笑)



結局この日は9人中5人がヒラゲット。
しかも驚くことに100%ヒラスズキでマルスズキはゼロ。
ここはヒラゲームが成立するポイントと言い切っても良さそうですね。







上がったヒラスズキがずらりと並び、しばし撮影会。
皆さんニヤニヤしながらデジカメ活躍させてます。
私はというと、釣りの時にいまだに仕事させていないおニューのデジカメを握り締めてわなわなしてました。
今日こそ自分の魚を撮るつもりで充電満タン状態で持ってきたのに。
ごめんよマイデジカメ。




そのまま解散して、てっちゃん、しのさんと車に戻る途中のことでした。
この三人の中でヒラゲットしたしのっちはすこぶる饒舌。
もうしゃべるしゃべる。
しかもクマプースマイル永遠キープ。
ひたすら無言の私とてっちゃん。
うつむき加減で堤防をひたすら歩いていくと







「こっちっすよ!こっから降りるンすよ!あ゛れ゛~~~……」








しーん…
















しのっち、坂を滑り落ち一瞬にして姿を消す(爆)












初めてナマで「あ~れ~」という悲鳴を聞きますた。
すかさずデジカメに活躍の場を与えてやりますた。








しかし泥にまみれながらもクマプースマイルキープ。
ミスタースポーンおそるべし…






3/7 大潮平八郎
15:46 干潮 
21:58 満潮

<使用ルアー>
B-MATCH マイワシ(メッキ)
B-MATCH ピンク/オレンジ
魚道110MD鱸Tune 博多サーファー
sasuke120裂波 背黒
sasuke120裂波 ピンクイワシ
lazy115S 月光ホワイト
lazy115S IHマイワシ
lazy115S IHチャートレインボー
lazy95S 月光レッドヘッド
komomoSF-125DROP ヴァンプⅡ
sobat80 レッドベリー
sobat80 レモンスライス
sobat80 ゴビー  *おすぃくも1バラシ
popkey ブルピン
RollingBait77 1091生サヨリ







で、ついでにさらりと3月12日釣行のお話。
まずは写真から。




まっちゃん、ヒラポイントで名物ハリセンボンゲット!
バッチリ口にフッキング(笑)




まっちゃん、この日2匹目の外道で「フグニスト」の称号獲得!




某漁港で焼き牡蠣堪能!
写真はなぜかサザエのアップ!







ってことで…
この日は休日だったのでまっちゃん、ベックさんと西半島デイめぐり。
むちゃくちゃ暖かくて良い天気でしたが



海は超ベタ凪



何処へ行ってもヤルキが起きません。
地形の確認には最高でしたが魚はいません。
私にはヒラポイントでイカのチェイスがありましたが「抱いてくれませんでした」…



もう釣りはどうでもよくなり牡蠣小屋へGO。
1000円でむちゃくちゃ出てきますね。
焼き牡蠣の爆発に怯えながら(笑)バーベキューを堪能しました。
サザエも美味かったのですが、やっぱし牡蠣!
うまみのレベルが違いました。
しょうゆでいただくよりも、酢だけでいただくほうが牡蠣のうまみがさらにUP。
はじめてこんな美味い牡蠣食べましたよ。
もう美味すぎて発狂しそうでしたよ。
この味、反則違反ですよ。



で、牡蠣焼きがかなりの収穫だったので、釣りの事はすべて忘れ去ることにしますた(爆)



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/03/14(金)|
  2. シーバス
  3. | コメント:16
<<ロングワインディングホゲロード第12章 3月1日釣行記 | ホーム | お気軽ウエポお試しフィッシングで15章 3月15日釣行記>>

コメント

爆笑です
「読唇術検定準2級のわたくし…」って(笑)口パク見たかったですよ。

しのさんの落ちかたも最高ですし(笑)

今度脱いで真の変体になりましょう
(´∀`)
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. けん #-
  4. [ 編集]

あああああああ、悲しい物語。

でもいいな、釣りに逝けて。
わたくし、風邪をこじらせかれこれ1週間も逝けておりませんよ。

早く逝きたい・・・。
変態になりたい・・・・。
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集]

あの日は忘れたくなるくらい悲しかったですよ・・・
みんな楽しそうなのにバイトすらナシ・・・

先日、連敗から抜けれましたけどね!!

つよしさん得意のとこなんで今度いきましょー
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. かずぼん #LkZag.iM
  4. [ 編集]

場所がよ~く分かるだけに、皆さんが釣ってる姿が目に浮かびました。
特に、ツヨシさんがお立ち台に取り残された辺りは(笑)
たしかに、あそこの岩は丸くてツルツルしますもんね。
しかし、移動の足が速いのはよく釣る人はみんなそうのような気がしますね。
毎朝走りこみしますか!?(笑)
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. ogi #-
  4. [ 編集]

オイラには

バイトすらないし・・・・・。
辛かったですバイ。
今日、かずぼんさんと『卍解』してきますバイ。
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. てっちゃん #-
  4. [ 編集]

いや~フグニストとして
TSUYOSHIさんとこでデビューするとは思ってもみなかったです(^^;
も少しアホ顔練習しときます☆

流石!お料理モードで写したサザエは
うまさが伝わりまくりですばい。

また逝きましょう(△/
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. まっちゃん #-
  4. [ 編集]

ネタ写真撮りにどんだけ待たせるん!
もう5分は「ちょっと待って!」とコケタまま待機してたような・・・
その間、てっちゃんは無視して・・・片付けしてるし・・・
今日、あそこ子供とお散歩してきましたが、
波もありいいサラシが出来てましたよ。
自分が再開するまで、またしばらく爆進しといてください(爆)
でも、もうそろそろ出るでしょ!?
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. しの #-
  4. [ 編集]

口パクパクしてましたか。
無意識に無言で喋っていたのですね。

今からシーズンインだから次は釣れますよ。

自分も地元&家から東側はボーズ爆走中です
(T T)
  1. 2008/03/15(土) |
  2. URL |
  3. 磯野 玉平 #-
  4. [ 編集]

To:けんくん
みんな釣ってヒドイと思いませんか!
「釣れなかったの!?…」
って信じられないって顔されまくりでしたよ…(涙)
人様にお見せできる体ではないのれ脱ぎ芸はけんくんに任せます。(笑)
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:RYOさん
これ以上差をあけられるとキツイので

カゼよ~長引けぇ~(爆)
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:かずぼんさん
あの日は背の高いかずぼんさんがなんか小さく見えますたよ…
でもでかいのばらしたりアフター釣れたりいいですね…
今度また行きましょう!
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:ogiさん
ogiさん宅近所で早朝トレーニングします。
ぜひ付き合ってください。
横歩きフィッシングを極めましょう…(笑)
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:てっちゃん
いよいよあの場所シーズンインのようですね。
バラシがあったようですがもうゲットは近いですね。
一緒に凄いのあげましょう!
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:まっちゃん
あのあたりハリセンボンの死骸だらけだったので近々誰か釣るんやないかと思ってましたが、それがまっちゃんとは…(爆)
ヤツはぷくぷくに怒ってかわゆかったですね。
また一緒に行きましょう!
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:しのっち
なかなか出んよ…
うんこは毎日2回ぐらいでますけど…
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

To:磯野さん
磯野さんは今年になってヒラ2本も釣ってるからいいですよ…
私の苦しみはもう形容できないほどスゴイですよ…
またこっちに遊びにきてください~
  1. 2008/03/18(火) |
  2. URL |
  3. TSUYOSHI #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。