スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

いざ東へ 10月21日釣行記「それぞれの恐怖症①」


いやあ湾内はあちこち好釣果情報が飛び交ってますね。
私もこのところ某西シャローでは、行けば必ず釣れるという好調を維持。
しかし



サイズが伸びないよ…



釣れてるのは良いのですが、やはり人間強欲なものでデカイのも釣りたくなる。
60cm超える鈴木くんを釣ったのはもうかなり前のこと。
ああ、デカイの釣りたい。
ランカーなんて贅沢いいません。
とりあえず目標は60cmUPのお魚。
あの手前で暴れ粘る強い引きを味わいたくてしょうがないのです。


いつもの西の場所では限界を感じつつある今日この頃。
東は最近好調らしく、爆発することが多いようです。
しかも60cm台がアベレージとなるようなウハウハ状態もあるようだし。


と、いうわけで湾内東方面へ出撃してまいりました。
今回は久しぶりにベックさんとの釣りです。
期待度アップアップアップ!



さて、結果はいかに






10月21日午後7時30分。
待ち合わせの東某河川河口に到着。
ベックさんが来るまでしばらく釣りしてみることにする。


潮は下げに入り始めたばかり。
ほとんど流れはありません。
岸寄りの浅瀬にベイトフィッシュがたまっていますがフィッシュイーターの気配なし。
手前から沖へと表層系ルアーで探っていきますが何の反応もなし。
ソバット、ローリングベイトまで導入して一帯を撃てど魚は食ってこず。

シーバスはいないのか。
気温は低い。
水も冷たい。
いても活性が低いのか。
あれこれ考えながら己の引き出しをいろいろ試す。












開ける引き出し、すぐになくなりました(涙)











悲しみで目を真っ赤に腫らしているところへベックさん到着。
下げが効きだしたのでしばらく一緒に撃つもだめ。
粘っても埒が明かない感じなので移動することになりました。



さあ、次はどこへ?



実はベックさんとの釣りはとても楽なのです



なぜかって?
ただベックさんについていくだけで魚が釣れそうな場所へ行けるから。
釣り仲間からのホットな情報。
自らの経験。
そして野生のカン。
ベックさんはそれらすべてを駆使してポイントを選定し、効率の良い釣りをします。
それゆえに半端ない釣果をたたきだせるのです。



「このまえ新規開拓した場所行ってみようか。絶対釣れるけん。」



はいはい~。
釣れるならもう何処へでもついていきますよ~。
ひょひょひょひょ~。


とノリノリウキウキで某場所に到着したのですが







あ、あれ?






い、いったいどこへ?…







ベックさんいきなり、そこは道か?道なのか?っていうような草むらへ突入。
私も慌てて後を追いますが、いきなり足を安定して乗せられるところがないような急坂。
その坂の先は草が生えてますがすぐに河川護岸石積みの壁。
その壁2メートルちょい下に川の水。
これは危険が危ない。



「ちょ、ちょっとベックさん、こんなとこ行くの?」



先をずんずん進んでいくベックさんを制して悲痛な叫びをあげる私。



「そこ足すべると川に落ちるから気をつけて。



 …っていうか、いっそのこと滑り落ちて。



そう言い放ってケケケと笑うベックさん。
私が落ちればブログネタのひとつも出来るってあんばい?







ああ母さん、ここに鬼がいるよ…










ガクガクぶるぶる体を震わせながら進む私。
何度か転落死しそうになりながらついていくとベックさんの足が止まる。





「ここ、降りるよ。」















ええええええええええ!?











なんと最終的にはそのほぼ垂直な高さ2.5メートルぐらいの壁を降りるなんていうぢゃあーりませんか。
こんなとこ降りれるの?


すると、まるでこの辺一帯に住みついている虫のようにサクサク壁を降りるベックさん。
私も見よう見まねで壁にへばりつきますが手足をかける出っ張りが微妙すぎて怖い。
もうなんか、天然ロッククライミング状態。
怖すぎて途中体が固まる。
すると







落っちっろっ、落っちっろっ…








ベックさんの心の声が聞こえてきますよ。(涙)









もしや、これは軽いイジメ?








泣きながらなんとかかんとか無事に降りることが出来たのです。




つづく…  → 釣行記②へ



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/10/22(月)|
  2. シーバス
Blog Since2006

CALENDAR

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。