スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ホームリバーリベンジ 5月25~26日&29日釣行記「潮がすべて」


マイホームグラウンドリバー


博多湾内に注ぐこの2級河川はシーバスフィッシングの名所。
私の家からこの河川河口までは自転車で5分以内です。
はい、すこぶる恵まれた環境に住んでます。

でもね…

釣果に恵まれたことは…


昨年シーバスフィッシングを始めてからかなり通いました。
でもこれまでの打率で言えば2割にも満たないような気がします。
ボーズ食らう率が8割以上。
もうすこぶるむずかしいのです。


通ってなんとなくわかってきたこと。
それは釣れる条件がシビアであるということ。
潮、時間帯、天候、ベイトの存在。
これらの条件で超過が大きく変わります。

まあ海釣りでは当たり前のことですけれども…

しかしこの河川ではその差がホント著しい。
回遊シーバスが海から川に入るか入らないか。
入ればウハウハ。
ポイントはあまり関係なく何処でも釣れます。
しかし入らなければもうまったくだめ。
何処にも1匹たりともいない雰囲気なんです。


では前述の条件のなかで一番重要なのはどれか。

それは潮です

たぶんそうです。
はい、きっとそうです。
独断と偏見でそうゆうことにしちゃいます。
この川の水量はかなり少ない。
よって川の水位を決定付けるのは潮位なのです。
しかも流れは川の水ではなくて潮の満ち引きと地形が作り出す。
流れがキモだ、といわれる河川シーバッシング。
一番実績があるのはやはり大潮。
大型が上がるのも大潮。
釣るならせめて中潮まで。
ですが…


先週のあたまに一通のメール。
ビマッチ教祖のしのさんからでした。

「今週末にTSUYOSHI殿のホームに入水してみたいのぢゃ。そちが案内せい。」

えええ!?今週末こそは潮がしぼしぼですが…
しかし教祖様にはさからえまへん。
小潮~長潮の深夜。
ダメもとで逝ってまいりました。

▼続きを読んであらもーど▼
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/30(水)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
Blog Since2006

CALENDAR

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。