スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

遠征シーバス探索 3月20日釣行記「忘レテハイケナイコト」

私が足繁く通っていた呼子の漁港。
なんと「釣り禁止」になるかもしれないようです。

どうしてそんなことになったのでしょう。
それはとても悲しい事件が原因でした。

 参考→ ベックさんのブログ

この事件を知った瞬間、この事件を起したアングラーに対し底知れぬ怒りを感じました。
なぜこのような非常識なアングラーがいるのでしょうか。
一人の無責任な行動のせいで他の釣り師たちに多大なる迷惑をかけることを想像できなかったのでしょうか。
やり間の無い憤りで全身がカッカとなりました。

でもですね。
気を落ち着けてじっくり考えてみたんです。
んで、こう思うようになりました。


その事件は漁港閉鎖の引き金であったに過ぎないのではないか


釣り師による迷惑行為はこれまでいろいろあったと思います。
ゴミ、駐車、騒音とか。
それが積もり積もっていたのでしょう。
漁港の方からすれば釣り人は邪魔な存在でしかなかったのでしょう。
そういえばかなりのゴミがあったような気がします。
今まで釣りをしながらそのゴミを目にしていました。
なのにそのまま見過ごしていた自分がいました。
いえ、それだけではありません。
きっと私が出したゴミもあったはず。

うぐぐぐぐ…


いてもたってもおられなくなりその漁港に向かいました。


▼続きを読んであらもーど▼
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/25(日)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

子育て近況報告

お久にファミリーネタ。


ほんとに久しぶり(笑)。
娘もセイゴ(魚ぢゃないよ)4ヶ月を越えました。
前に口を大きく開けて笑うようになったと書きましたが、最近では声を出して爆笑するようになりました。


…カワユス


バカ親ですんません。



▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

  1. 2007/03/18(日)|
  2. ファミリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

遠征シーバス探索 3月14日釣行記「ナイトメア」

私、名古屋生まれの名古屋育ちです。

気がつけば福岡へ来てはや4年。
生粋の名古屋っ子である私も少しずつ理解できてきたことがあります。
それは


九州男児とは何たるか


豪快かつ自由奔放。
単純明快を好み中庸を嫌う。
そしてやたら人情家で人なつっこい。

全員がそうだというわけではないでしょう。
しかし私が知る大半の男衆はこのように男気あふれる気持ちのよい人たちばかりであります。


いいね…九州男児って…


そしてもう一つ九州に来て気づいたことがあります。
それは家庭では父親の権限が非常に強いと言うこと。
女性は一歩下がって男を立てる。
古き良き日本の家庭の姿がまだここにはあるのです。


いいね…とてもいい…



3月13日の仕事明け夜11時30分。
前日に妻の肩を15分間もみ続けることによって今回の釣行権をなんとかゲットした私。
やや筋肉痛の腕で釣り支度を整えながらこう思うのでした。



ああ…私も九州男児になりたい…


▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/15(木)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

遠征シーバス探索 3月11日釣行記「嵐を呼ぶ男」

お い ら は ド ラマー

や く ざ な ド ラマー

オ イ ラ~ が 叩 け ば  嵐を呼~ぶぜ♪…



石原裕次郎を一躍スターにした映画とその主題歌


「嵐を呼ぶ男」


わたくしこのたび、とある敏腕アングラーにこう命名していただきました。
非常に光栄でございます…


オイラの釣果は嵐を呼ぶぜ


私がこの名を欲しいままにした恐るべき釣行記をご堪能下さいませませ。


▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/11(日)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

寒中博多湾捜査 3月8日釣行記「サブちゃん」

博多はここ数日急に冬に舞い戻りました。
北西の冷たい風が吹きつけ日中の気温は10度にさえ到達しないほど。

釣りにはちょっと厳しいね…

そんな感じで今週は週末だけの釣りにしておこうと気楽に構えておりました。
しかし…
昨日水曜日の朝のことです。
とある天才アングラーから驚愕の釣果報告がありました。
それを耳にした途端、私のちっぽけなアングラー魂に火がついてしまったのです。


今すぐ釣りしたい…


本日木曜日の平日出勤前、朝マズメ釣行を決意しました。

▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/08(木)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

遠征シーバス探索 2月28日釣行記②「うははは自己新」

*前回の記事の続きです


ベックさんが到着したのは午前5時ぐらいだったでしょうか。
前回私はこれぐらいの時間からシーバス乱舞の


スーパーボイル


に出くわしたのです。
そして忘れもしないあの大物のバラシ。
今でも手に感触が残ってます。
今日こそは絶対にリベンジしたいのです!

なのに…


いきなりベックさんの大殺界巻きぞえ宣言


うわー私を"釣れない最凶運気"パワーに巻き込まないで下さいまし…(泣)


▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/04(日)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

遠征シーバス探索 2月28日釣行記①「初心ワスルルベカラズ」

あなたの好きな有名アングラーは誰ですか?


そう聞かれたら私は迷わず


村越正海さんと答えます


言わずと知れたソルトルアー界の大御所です。

なぜ好きなのか。
釣りが上手い、数々の大物シーバスを釣り上げる、日本中のどんな場所でも釣果をあげる…
誰しも憧れる要素満点の敏腕アングラーです。
でもそれが理由ではありません。


どんなサイズのシーバスを釣っても満面の笑み


それが私が村越さんを好きな理由です。

"大物でなければ釣る価値は無い"と公言してはばからない敏腕アングラーも少なからずいます。
初心者へっぽこの私には耳が痛いお言葉。
でもそれはそれで否定するようなことではありませんよね。
釣り師なら誰でも大物を求める気持ちはあるのですから。
もちろん村越さんならばそれぐらいのことを言っても楽勝で許されます。

でも決して村越さんはそう言いません。

写真の村越さんはまるで少年の目をしていますよね。
どんなサイズの魚でも釣り上げることができれば無茶苦茶嬉しそうなんです。
きっと本当に釣りを愛していらっしゃるのでしょう。

とても深く。とても純粋に。

そしていつまでも初心を忘れない「上徳の人」なのでしょう。



報告が遅くなりましたがわたくし懲りずに遠征シーバス探索に行ってきました。
場所はどこか。
そうです。
前回大物を取り逃がした苦々しい記憶の残る呼子まで。

2月ラストの28日。
ここまで2月中のシーバス釣果はゼロ。
おしりに火がついとります。アチチ。


▼続きを読んであらもーど▼

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/02(金)|
  2. シーバス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
Blog Since2006

CALENDAR

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ABOUT ME

TSUYOSHI

Author:TSUYOSHI
1969年生まれの酉年。
2003年3月に名古屋から福岡にやってくる。
2006年5月からソルトルアーフィッシングを始め継続中。
釣りはただただ楽しいから好き、それだけのこと。

COMMENT

FOVORITE LINK

このブログをリンクに追加する

RECENT REPORT

MONTHLY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。